連日トレーニングの様子を投稿している小野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FC琉球に所属する小野伸二は5月26日、自身のインスタグラムを更新。屋外トレーニング再開2日目の様子を投稿すると、そのボールタッチの上手さに感服したファンから続々とコメントが寄せられた。

 昨日からトレーニングが再開した小野は、「本日も晴天なり。グループトレーニング2日目も楽しく終えました。やっぱりリフティングは集中が大事。グループトレーニング」というコメントと、ハッシュタグに「リフティング」「集中」「油断は禁物」と添え3つの動画を投稿した。

 1つ目はチームメイトとリフティングパスを行なっているシーン。何気ないトラップでもアウトサイドで受けるなど遊び心のあるトラップを披露する。しかし、油断したのか珍しくトラップミスをする場面もあった。

 2つ目は動きの中でのパス練習。そして、ファンが最も感嘆の声を上げたのが3つ目だ。ピッチを広く使ったロングパスの練習で、同僚からのパスをなんとダイレクトで撃ち返すと、綺麗な弾道で再び味方の元へと届いたのだ。
 
 この華麗なダイレクトパスやボールタッチに目を奪われたファンからは、以下のようなコメントが続々と寄せられた。

「すべてが堪らん」
「別格だなぁー!」
「3枚目変態過ぎます…フォームも軌道も綺麗過ぎる…」
「最初のトラップと3本目のボレーすごい」
「上手すぎます」
「永遠の憧れです」
「なまら上手すぎる。最高です」
「ボール蹴ってる姿見てるとワクワクして活力になる」
「楽しそう!」
「足に磁石ついてるって!」

 25日から練習が再開された琉球。今後は段階的に強度を上げたトレーニングが行なわれる見込みだ。今後の動画投稿にも期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【小野伸二PHOTO】波瀾万丈のキャリアを厳選フォトで振り返る 1997〜2020