松田浩氏(写真は栃木監督時代のもの)

写真拡大

 V・ファーレン長崎は26日、長崎県サッカー協会と協同し、県内のサッカー指導者向けに「オンライン指導者講習会」を開催すると発表した。クラブは公式サイトを通じて「長崎県唯一のJリーグクラブとして、今だからこそ、県全体のサッカー界のレベルアップと子どもたちの健全な育成に貢献できればという想いで実施いたします」と参加を呼びかけている。

 6月6日(土)の午後5時から7時にかけて実施。講義内容は「ゾーンディフェンス〜ボールを中心とした守備〜」。かつて神戸、福岡、栃木の監督として強固な守備組織を構築した育成部長兼アカデミーダイレクターの松田浩氏が講師を務める。

 定員は100人。県協会登録チームを指導し、協会に指導者登録を行っている人が参加できる。参加費は無料。申し込みは6月2日午後11時59分までの間、特設サイト(https://f.msgs.jp/webapp/form/20169_tvdb_202/index.do)で受付している。