オリエンタルコンサルタンツHD、株主優待を変更し、 条件次第で利回りが2倍にアップ! 1000株以上を5年 以上保有すると、QUOカードが「5000円⇒1万円」に!

写真拡大

 株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングスが、「QUOカード」の株主優待を一部変更することを2020年5月25日に発表した。

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスの株主優待は、毎年6月末時点の株主に実施されており、従来の内容は「100株以上を1年以上保有する株主に、保有株数に応じて『QUOカード』を贈呈」というものだった。

 今後もこの内容に変わりはないが、新たに「1000株以上を5年以上保有する株主」を対象として、長期保有優遇制度が導入されて「QUOカード」の額面が増額されることになった。

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスの株主優待の変更は、2020年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

 なお、「1000株以上を5年以上保有する株主」と認められるためには、当年、1年前、2年前、3年前、4年前、5年前の6月末時点の株主名簿のすべてにおいて、同一株主番号で“100株以上”の株式保有が記載または記録され、かつ当年の6月末時点の株主名簿において、1000株以上の株式保有が記載または記録されている必要がある。

オリエンタルコンサルタンツHDの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
6月末 100株以上 1年以上 QUOカード500円分
600株以上 1年以上 QUOカード3000円分
1000株以上 1年以上 QUOカード5000円分
(変更後)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
6月末 100株以上 1年以上 QUOカード500円分
600株以上 1年以上 QUOカード3000円分
1000株以上 1年以上 QUOカード5000円分
5年以上 QUOカード1万円分

オリエンタルコンサルタンツHDの株主優待利回りは?

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスの2020年5月25日時点の株価(終値)は2360円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

(100株を1年以上保有の場合)
 投資金額:100株×2360円=23万6000円
 優待品:QUOカード500円分
 株主優待利回り=500円÷23万6000円×100=0.21%

(600株を1年以上保有の場合)
 投資金額:600株×2360円=141万6000円
 優待品:QUOカード3000円分
 株主優待利回り=3000円÷141万6000円×100=0.21%

(1000株を1年以上保有の場合)
 投資金額:1000株×2360円=236万円
 優待品:QUOカード5000円分
 株主優待利回り=5000円÷236万円×100=0.21%

(1000株を5年以上保有の場合)
 投資金額:1000株×2360円=236万円
 優待品:QUOカード1万円分
 株主優待利回り=1万円÷236万円×100=0.42%

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスの株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」。今回の変更は、1000株以上を5年以上継続保有する株主を対象とするもので、贈呈される「QUOカード」の額面が倍増する。ただし、株主優待利回りは100株保有時で0.21%、もっとも利回りが高くなる1000株を5年以上保有した場合でも0.42%に過ぎないので、あまり高いとは言えない。
【※関連記事はこちら!】
⇒【2020年5月】QUOカードの優待利回りランキング!配当+株主優待利回り6%超のタマホームなど、5月の優待でQUOカードがもらえる12銘柄の利回りを比較!

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスは国内外の社会インフラのマネジメントサービスを手掛ける企業。2020年5月15日に発表した2020年9月期(通期)の連結業績予想は、売上高が635億円(前期比0.5%増)、営業利益が26億5000万円(前期比9.3%増)、経常利益が25億9000万円(前期比25.1%増)、当期純利益が16億8000万円(前期比24.9%増)。

■オリエンタルコンサルタンツホールディングス
業種コード市場権利確定月
サービス業2498JASDAQスタンダード6月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
2360円100株23万6000円1.59%
【オリエンタルコンサルタンツHDの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年5月25日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。