西日本は雨の多い梅雨、東京は平年より暑い夏に(気象庁3か月予報)

2020/05/25 15:46 ウェザーニュース

気象庁は25日(月)、6月から8月までの3か月予報を発表しました。降水量は全国的にほぼ平年並みですが、6月は西日本で雨が多くなると見られます。気温は西・東日本中心に平年より高く、暑い夏になる予想です。

梅雨時期は大雨に警戒

6月から8月の降水量は全国的に平年並みの予想です。6月は西から徐々に梅雨に入っていき、後半は北日本でも曇りや雨の日が多くなります。西日本では6月は前線や湿った空気の影響を受けやすくなり、降水量が平年並みか多い予想です。梅雨の時期は例年通り大雨には警戒が必要です。

全国的に高温傾向

この3か月の気温は、西・東日本中心に平年より高い予想となっています。8月は太平洋高気圧が例年より西に張り出す予想で、本州を覆ってきます。このため、西日本や東日本では平年より晴れる日が多く、気温も平年より高くなる見込みです。