キュートなどうぶつたちとのスローライフが楽しめる「あつまれ どうぶつの森」は、無人島を一から開発し、ファッションやインテリアにこだわり、住民と一緒に暮らす島を豊かにデザインしていくことができるゲームです。「あつまれ どうぶつの森」はあまりにも多くのことができるということで、「何から手をつけていいかわからない」という人のために、ゲームメディアのIGNが25個のアドバイスを挙げています。

Advanced Tips - Animal Crossing: New Horizons Wiki Guide - IGN

https://www.ign.com/wikis/animal-crossing-new-horizons/Advanced_Tips

◆1:

月の最後の日にすべてのベルをタヌポートのATMに貯金する。貯金額の0.5%が利息として得られる。

◆2:

二重の虹のような奇妙な現象を島で見つけた際には、住民に話しかける。起きた現象に関する何かしらの情報を住民の話から得られる。

◆3:

「ゾウさんジョウロ」などの道具を住民にプレゼントすると、住民は日常生活の中でプレゼントされた道具を使用するようになる。

◆4:

しずえさんや他の住民が、特定の日に訪問するつねきちについて話をすることはめったにない。しかし、地図上のアイコンからつねきちが島にやって来たか否かはすぐに判別することが可能。

◆5:

案内所ではたぬきちとしずえさんの反応を繰り返しチェックできる。2人は特定の感情に対して異なる反応を取る。

◆6:

たくさんの木々を島に植えているため、「どの木が果物のなる木かわからなくなってしまった」という場合には、マイデザインを使って地面に目印をつけることで、どの木から何の果物がなるかを区別することが可能。それが嫌な場合は、果樹園エリアを作ればOK。

◆7:

クローゼットをエイブルシスターズのお店の側に置いておくことで、新しい服を購入する前に既に持っている服を素早く確認することが可能。なお、クローゼットとして機能する家具は、クローゼットの他にロッカーや冷蔵庫などもある。

◆8:

島で作成できる橋の数は8つだけなので、島クリエイターを使って天然の橋を作成することで島の移動が楽に。川のせいで対岸に渡れないというケースを防ぎたい場合、川の中に陸地を配置することで、ジャンプして渡ることができる。

◆9:

同じ要領を崖に応用することも可能。小さな1マス分の高台を複数配置すれば、ジャンプして渡ることが可能な天然の橋を作り出すことができる。

◆10:

友人やSNSで知り合った人を島に招待する場合、カブに近づけないようにカブをフェンスで囲う。

◆11:

クラッカーでハチを撃退することが可能。

◆12:

住民から1日に3回DIYレシピを入手することが可能。1回目は朝、2回目は昼、3回目は夜に家の中でDIY中の住民に話しかけることで入手できる。

◆13:

住民の性格に応じてさまざまなDIYレシピを入手可能。島に各性格の住民を揃えるか、自分の島にいない性格の住民がいる友人の島に遊びに行くことで、すべての種類のDIYレシピを入手できる。

◆14:

流れ星発生時にお祈りすることで「ほしのかけら」というアイテムを入手可能。他人の島で祈っても翌日に自身の島の浜辺に「ほしのかけら」が落ちているので、流星群が見られる島でお祈りするのがベター。

◆15:

エイブルシスターズのあさみに毎日話しかけることで、1日1回パターンを入手することが可能。パターンは家具のリメイクにも使用できる。

◆16:

家の中に保管している材料を使ってDIYすることはできないので、屋外にDIYスペースを作成し、そこに木材や鉄、石といったDIYに使用する材料をストックしておくと便利。

◆17:

岩を叩くとアイテムが出てくるので、これを効率よく叩いてアイテムを入手するために、岩の周りにフェンスなどを建てる。

◆18:

風船は虫あみでも落とすことが可能。特に高所で南向きに風が流れている時に落としやすい。

◆19:

特定のどうぶつを自分の島に呼び寄せるための最も簡単かつ保証された方法は、どうぶつの森amiiboカードを使用すること。ただし、キャンプサイトに誰かがやって来た場合、話しかけ続けることで引っ越しを検討してもらうことが可能。島で暮らせる住民の数は最大10人なので、定員がオーバーする場合はランダムで住民が引っ越しすることとなる。引っ越しする住民が気に食わない場合は会話が終了する前にゲームを終了し、再びキャンプサイトのどうぶつに話しかける作業を繰り返すことで、住民の厳選が可能に。

◆20:

amiiboカードを使用すると、より多くのレシピを入手することも可能。amiiboカードを使用するとどうぶつを1日1回キャンプサイトに招待することができ、お願いを聞くことでレシピを入手できる。

◆21:

住民には親愛度という隠しステータスがあり、住民と話したりプレゼントを贈ったり、住民のお願いごとを聞いてあげたりすることで親愛度を高めることが可能。親愛度が高まると、プレイヤーは住民にプレゼントを渡せるようになり、さらに高くなると写真をもらうことができる。また、親愛度が高くなると住民の口癖や挨拶を変更することも可能に。

◆22:

住民をパニー島に招待することで、たぬき商店でポスターを購入できるようになる。

◆23:

ラジカセやCDコンポなどの音楽プレイヤーの周りに楽器を配置することで、住民と一緒に音楽の演奏が可能に。1日を通して多くの住民が集まる傾向にある案内所前の広場にこれらを配置するのがベター。

◆24:

島クリエイター機能が使用できるようになると、島の至る所に砂の地面を配置できるようになる。これで島のどこにでもココナッツを植えることが可能に。

◆25:村人は道に沿って歩き、可能な限り花の上を歩くことを避ける。この特性を利用して、景観の良いルートを作れば、住民がどこにいるのかを追跡しやすくなる。