プールではどんな感染が起こる?(写真/PIXTA)

写真拡大

 一般的にウイルスは高温多湿に弱いと言われるが、新型コロナウイルスは未知の存在であり、実際にどうなるかはわからない。むしろ、暑い夏だからこそ感染リスクが高まる可能性もあるのだ。

◆「海」と「プール」行くならどっち?

 夏になると家族でプールに出かけることも増えるだろう。運動不足を解消するために、プールを利用する人もいる。しかし、そこにもウイルスは潜んでいる。芝大門いまづクリニック院長の今津嘉宏さんが言う。

「不特定多数が入るプールでは小学生のときに経験した“プール熱”のように、ウイルス、雑菌から感染する危険性があります。コロナウイルスも水中を浮遊するので、目や口から感染する恐れがあります。プールを利用する際は、ゴーグルなどを使用するといいでしょう」(今津さん)

 内科医の大西睦子さんは「更衣室」の危険性を指摘する。

「共有のロッカールームで着替えるので感染者の飛沫がロッカーにつき、そこから感染する可能性があります」

 更衣室は「密」にもなりやすい。暑くて泳ぎたくなっても、この夏はプールはやめておく方が無難なようだ。

 では海の感染リスクはどうなのだろうか。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんはこう話す。

「海は、プールと水の容積が圧倒的に違うので感染するリスクは低いですが、公衆トイレなどを不特定多数が利用するので気をつけてください」

◆換気は窓を開けて風の通り道を作る

 新型コロナは感染しても無症状のケースが多く、知らない間に他人にうつす。

 WHO(世界保健機関)の調査報告書によると、感染は主に家族間で発生しており、空気中に漂う微粒子(エアロゾル)からもウイルスが検出されているので、自宅での換気は必須だ。

 すでにクーラーを使い始めた人もいると思うが、ほとんどの製品は室内の空気を循環させているだけで、換気にはなっていないというので要注意である。

「徹底的に換気したい場合、部屋の対角線上にある室内ドアや窓を開けて風の通り道を作りながら、扇風機を使うのが有効です。どうしても暑さをがまんできずにクーラーを使う場合は、1時間に最低1回5分以上は窓を開けて、換気してください」(厚労省関係者)

「ステイホーム」によって、デリバリー食品を注文する機会が増えた人も多い。感染拡大防止のため、テイクアウトを行う店も増え始めたが、上さんが警告する。

「特に接客している飲食店のテイクアウトを食べる場合、店内に感染者がいたら商品を通じて感染する可能性があります。また、お店で作り置きをしている場合は、食中毒の危険性もあります」

 経験したことのない夏も正しい予防で乗り切れる。

※女性セブン2020年6月4日号