おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は「きゅうり」を使ったシンプルな作り置きをご紹介します。朝ごはんにはもちろん、お弁当や箸休め、普段の献立のあと一品にもおすすめです。

今週のセルフケア食材「きゅうり」

きゅうりは体内にこもった熱を冷まし、余分な水分を代謝します。熱がこもると、顔がほてる、イライラしやすくなる、寝つきが悪い、肌に腫れっぽいできものができやすいなどの症状が表れます。

徐々に気温も上がりつつあるこの時期は、少しずつ眠りが浅くなる人も出てくると思います。、熱の症状が気になるとき、ぜひ食べてみてください。

また、豊富なカリウムで利尿作用があるので、むくみにお悩みの方や、忙しくてお手洗いに行くのをつい忘れてしまう!?なんて方にもおすすめの食材です。

お箸が止まらない作り置き!簡単ポリポリ「ねぎ塩きゅうり」

材料(作りやすい分量)

きゅうり 2本長ねぎ 5cm(A)ごま油 大さじ1(A)鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1と1/2(A)レモン汁 小さじ1〜1と1/2(A)にんにく(すりおろし) 少々塩 小さじ1/3粗びき黒こしょう 適量

作り方

1. きゅうりはヘタを落とし7~8ミリ厚さの輪切りにする。ボウルに入れ塩を揉み、10分置く。

2. 長ねぎはみじん切りにする。(A)を加えよく混ぜる。

3. きゅうりの水気をよく絞る。(2)を和えて、粗びき黒こしょうをふる。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!