近畿3府県の緊急事態宣言解除を受け…ヴィッセル神戸、トップチームの練習再開へ

写真拡大

 ヴィッセル神戸は24日、トップチームの活動を25日から再開させることをクラブ公式サイトで発表した。

 神戸は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、トップチームの練習を休止していたが、兵庫県の緊急事態宣言の解除を受け、5月25日からグループトレーニングを開始することを発表した。

練習は、感染症予防対策を徹底し、実施グループを3〜4に分け、実施時間や使用グラウンドを分けて行われる予定。練習公開に関しては、一般、メディア問わず非公開となり、いぶきの森クラブハウスならびに練習場への立ち入りは当面の間中止となる。

 なお、神戸は時間や場所をずらして実施することやグループメンバーを固定することなどの実施方法もあわせて発表している。

トップチームの練習を休止しておりましたが、兵庫県を含む近畿3府県の緊急事態宣言の解除を受け、5月25日(月)よりグループトレーニングを開始することになりました。

詳しくはこちら🔻https://t.co/GF7ZOdt6NV#visselkobe #ヴィッセル神戸— ヴィッセル神戸 (@visselkobe) May 24, 2020