ボストン時代の思い出の写真を投稿した鮫島。写真:川本学

写真拡大

 INAC神戸レオネッサに所属する鮫島彩が5月23日、自身のインスタグラム(@aya_sameshima)を更新し、9年前の秘蔵写真10枚を公開した。

「数年ぶりに写真の整理をしました。懐かしい写真を載せていこうと思います」「まずはこちら、9年前。やっぱりボストン大好きだ。毎日ハーバード大学のグラウンドで練習してました」と綴り、ハッシュタグで「データ整理」「懐かしの写真たち」「思い出シリーズ」と解説を付けた。

 アップされた写真は、カートでスタジアム内を移動しているモノや、当時の試合風景や集合写真といったユニホームを纏ったものから、チームメイトと出掛けるオフショット、黒のドレス姿やスシを持ったハチマキ姿まで盛りだくさんだ。

 この投稿にファンも歓喜!以下のようなコメントが寄られた。
 
「めっちゃ青春」
「可愛い」
「どの写真も素敵です」
「ハーバード大学通ってたって言えますね(笑)」
「今も昔も変わらないね。かわいいよ」
「愛されますね。ボストンでも日本でも」
「またいっぱい笑顔になれますように」
「青春の1ページ」

 なでしこジャパンでも長く活躍してきた左SBは、東京電力女子サッカー部マリーゼでプレーしていた2011年に東日本大震災を経験。クラブが活動自粛となり、サッカーを続けるか悩んだ末に、米女子プロサッカーリーグのボストン・ブレイカーズに移籍した。今回投稿されたのは、このアメリカ時代のショットだ。

 その後フランスのモンペリエ、ベガルタ仙台レディースを経て、2015年に加入したINACでも主力としてチームを牽引してきた鮫島。「思い出シリーズ」の続編にも期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】INAC神戸となでしこを牽引、キュートな鮫島彩の厳選フォト特集!