【二黒土星】「九星気学」で分かる性格と相性

写真拡大

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【二黒土星】について詳しくお伝えします。

※【二黒土星】の人の生まれ年:昭和55年(1980年)2月5日〜昭和56年(1981年)2月3日/平成元年(1989年)2月4日〜平成2年(1990年)2月3日/平成10年(1998年)2月4日〜平成11年(1999年)2月3日

■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

九星気学で分かること

九星気学では、自分の生まれた年から本命星を導き出すことで、性格・運勢・相性・方位の吉凶などが分かります。

◇自分の性格

九星気学では自分の性格が分かります。基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!
気になる人の本命星の探し方はこちら

■本命星【二黒土星】の性格・適職・恋愛傾向

ここからは、二黒土星(じこくどせい)の性格・適職・恋愛傾向について解説します。

◇基本的な性格

穏やかで優しいタイプ。おおらかな包容力の持ち主です。一方、真面目で堅実な性格で、ブレない芯の強さが備わっています。

マイペースでコツコツと活動を続け、確かな経験と実績を積み重ねることができます。そこで達成感や充実感を得ることで自信が生まれ、さらに意欲的に活躍できるでしょう。

ただ、控えめな性格なので自分から積極的に成果をアピールすることはありません。

それでも、成果を評価してくれる人が現れたり、自然といい評判が伝わったりして、周囲から厚い信頼を寄せられそう。

「陰の実力者」として一目置かれ、「縁の下の力持ち」のような存在として力を発揮できるでしょう。

しかし、謙虚で慎重な性格が裏目に出ると、判断力が乏しくなり、決断力に欠けることも。大事な決定を人任せにしたり、先送りしたりすることが続くと、迷走してしまう恐れがあります。

日頃から自分の意見をハッキリ言うようにして、重要な局面では覚悟を持って自分で決断することを心掛けるといいでしょう。

◇向いている仕事

面倒見がいいので、人材育成や労務管理に関わる仕事で才能を発揮できそう。

教師や保育士をはじめ、企業の人事部門のスタッフや就職カウンセラーなどが適職です。

また、コツコツ作業を続けるのが得意なので、キャリアを積み重ねるほど知識や技術が身に付く職人的な仕事もおすすめです。

また、人の役に立ちたいという気持ちが強いので、仕事と並行してボランティア活動に励むのもいいでしょう。

◇恋愛傾向

恋愛は受け身なタイプで、自分からアプローチすることは少ないでしょう。

恋人候補として気になる相手がいても、遠目に見ているだけ……ということもありそう。そのため、交際が始まるまで時間がかかる傾向があります。

その分、いったん心を許した相手とはゆっくり愛を育み、安定した関係を続けることができるでしょう。

■他の本命星との相性

二黒土星と他の本命星との相性を、仕事相手としての相性、恋愛対象としての相性に分けて解説します。

◇一白水星

一白水星(いっぱくすいせい)は何事もじっくり考える思慮深いタイプ。コミュニケーション能力が高く、人に合わせるのが上手です。

☆仕事相手としての相性

自由で柔軟性に富む一白水星と堅実で慎重派の二黒土星は、意見がぶつかることも多く対立しやすい相性です。ただ、お互いに無いものを補い合うといいコンビネーションが生まれそう。

☆恋愛対象としての相性

好きな人には思い切り尽くしたい一白水星にとって、愛情表現が少し不器用な黒土星は冷たい印象を与えます。一緒にいると寂しくなってしまいそう。

◇三碧木星

三碧木星(さんぺきもくせい)はパワフルで明るくポジティブな人気者タイプ。好奇心旺盛で流行に敏感です。

☆仕事相手としての相性

慎重な二黒土星の仕事ぶりに、スピーディーな三碧木星がイライラしてしまいそう。お互いのテンポを理解して、歩み寄る努力が必要です。

☆恋愛対象としての相性

愛情をゆっくり育みたい二黒土星と、熱しやすく冷めやすい三碧木星。恋愛観のギャップが大きくて、すれ違うことが多い相性です。

◇四緑木星

四緑木星(しりょくもくせい)は優しくて穏やかな性格。気配り上手で面倒見が良く、人から慕われるタイプです。

☆仕事相手としての相性

相性はあまり良くありません。

基本的にはおおらかですが、こだわりがある部分に関しては融通が利かないところがある二黒土星に四緑木星が合わせようとしますが、手間が掛るので疲れてしまいそう。

☆恋愛対象としての相性

二人とも穏やかで優しい性格という共通点がありますが、どちらも恋愛には奥手で受け身。なかなか恋愛が進展しないでしょう。

◇五黄土星

五黄土星(ごおうどせい)は情に厚い人情家。責任感が強くて頼れるタイプで、強力なリーダーシップを発揮します。

☆仕事相手としての相性

考え方や価値観が似ている好相性な二人。五黄土星がリードし、それを二黒土星がサポートする関係なら、うまくいくでしょう。

☆恋愛対象としての相性

芯の強い二黒土星と気が強い五黄土星。恋人に対してわがままになりがちです。お互いに相手を思いやる気持ちがあれば、幸せなカップルになれそう。

◇六白金星

六白金星(ろっぱくきんせい)は強い意志と向上心の持ち主です。簡単に妥協しない完璧主義で、自分に厳しいタイプです。

☆仕事相手としての相性

二人とも真面目で堅実なので、仕事の取り組み方が似ています。六白金星が計画を立てて二黒土星がそれをフォローすると、仕事がはかどるでしょう。

☆恋愛対象としての相性

恋愛の理想が高い六白金星に二黒土星が見初められて恋が始まりそう。お互いに対等な関係を意識すると、長続きするでしょう。

◇七赤金星

七赤金星(しちせききんせい)はサービス精神旺盛でキュートな魅力の持ち主。トーク上手でみんなに好かれる人気者です。

☆仕事相手としての相性

好相性。スピーディーに仕事を進める七赤金星のケアレスミスを、堅実な二黒土星がすかさず見つけて修正するような関係です。

☆恋愛対象としての相性

好相性。サービス精神が旺盛な七赤金星がマイペースな二黒土星を積極的に誘って、楽しいデートができるでしょう。

◇八白土星

八白土星(はっぱくどせい)は努力家で向上心が強いタイプ。一度決めたことは最後までやり遂げる根性の持ち主です。

☆仕事相手としての相性

真面目でコツコツ仕事に取り組むところが共通点です。仕事の同志として尊敬し合える関係を築くことができるでしょう。

☆恋愛対象としての相性

二人とも恋愛に安定や安心を求めるタイプ。ロマンティックなムードに欠けるものの、結婚を前提とした真面目な交際ならうまくいきそう。

◇九紫火星

九紫火星(きゅうしかせい)は明るくて華やかな雰囲気の持ち主。プライドが高く、人と群れるのが苦手な一匹狼タイプです。

☆仕事相手としての相性

一匹狼タイプの九紫火星にとって、「縁の下の力持ち」として仕事をサポートしてくれる二黒土星は必要不可欠な存在です。

☆恋愛対象としての相性

性格は正反対な二人ですが、恋人としての相性は抜群。九紫火星が二黒土星を積極的にリードすることでうまくいく関係です。

九星気学を「幸せな毎日」を送るためのヒントにしよう

九星気学で重要なポイントは、本命星が表す性格・相性・運勢などを短絡的に判断しないことです。

「私(あの人)はこういう性格」と決め付けるのではなく、それぞれの長所を伸ばし、足りない部分をカバーするために活用しましょう。

また、「運勢がいい」と調子に乗ったり、「運勢が悪い」と落ち込んだりすることもありません。

九星気学のメッセージを最大限に活用して、幸せな毎日を送るためのヒントにしましょう。

(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)

※画像はイメージです