【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールが公式ツイッターでDFフィルジル・ファン・ダイクの意外な(?)一面を紹介した。

 先週から練習場でのトレーニングを再開したリバプール。まだ条件付きではあるものの、再びピッチで汗を流せるようになった。

 リバプールはそんな練習場での一幕を紹介。世界最強のCBとも言われるファン・ダイクのキック精度を示す動画だ。

 ファン・ダイクはゴールよりも遙かに後ろにボールをセット。緩やかな助走から右足をこすり上げると、綺麗な弧を描いてゴールに吸い込まれていった。

 圧倒的な守備能力だけでなく、フィードの正確さでも知られるファン・ダイクだが、ここまでとは…。仮にヘディングという武器を失っても、プレースキッカーで十分にゴールを奪ってしまいそうな高精度バナナシュートは必見だ。

text by 編集部