19MLB、ワールドシリーズ(7回戦制)第7戦、ヒューストン・アストロズ対ワシントン・ナショナルズ。勝利を喜ぶワシントン・ナショナルズの選手(2019年10月30日撮影)。(c)Bob Levey / GETTY IMAGES NORTH AMERICA/ AFP

写真拡大

【AFP=時事】2019年シーズンの米大リーグ(MLB)王者ワシントン・ナショナルズ(Washington Nationals)が23日、チャンピオンリングの授与式をオンラインで行う計画を選手からの要望で中止したことを発表した。

 球団は広報を通じて「選手の総意で、リングは全員が物理的に集まれるようになったときに受け取る方が良いと決まった」「われわれはその決断を支持する」と発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、MLBの新シーズンの開幕が遅れる中、チームはリング授与のオンラインセレモニーを24日に行う計画を立てていた。

 ナショナルズは昨シーズン、ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)とのワールドシリーズを4勝3敗で制して創設以来初のMLB王者に輝いた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ひまわりの種吐き、試合後のシャワーなど禁止へ MLBコロナ対策
MLB球団オーナー、7月開幕案を承認 報道
ナショナルズがWS初制覇、アストロズとの激闘制す