体を売る芸者は江戸時代「蹴転」と呼ばれていた。”芸者は体を売らない”は建前だった?

写真拡大 (全4枚)

芸者のプライド「芸は売っても体は売らない」は本当?

「一流の芸者は、芸は売っても体は売らない」

芸者のプライドを表す言葉として、みなさんもどこかで聞いたことがある言葉なのではないでしょうか?

今様美人揃 梅川楼上みな吉 (歌川国貞 画)

現代の芸者さんたちは、単に芸の道で身を立てる職業であるだけにとどまらず、日本の伝統文化を守っていく大切な役目を担っています。

また日本では1957(昭和32)年に売春防止法が施行されていることもあり、現在では芸者が体を売るようなことはほとんど行われなくなっています。

しかし、吉原に実際に体を売る「遊女」という職業が存在した江戸時代には、かなり事情が違っていたようです。

芸者が客を取ることは「格上である遊女の仕事を奪うこと」

江戸時代も、芸者が遊女と同じように客を取ることは、建前上は禁止でした。

その理由は、芸者というのはあくまでも「遊女の宴席の引き立て役」で、遊女のほうが格上という位置づけだったからです。

これは吉原では特に厳格でした。

芸者と遊女の仕事についても、これは適用されました。隠れて客を取った芸者には宴席に出ることを禁じたり、追放処分とするなどの厳しい制裁が加えられることがありました。

吉原では、芸者が遊郭の客に身体を売ることは「遊女の領分を侵すこと」であり、決して許されることではなかったのです。

誰とでも寝る芸者は「蹴転(けころ)」と呼ばれた

ただしこれは、あくまで「建前」の話。実際には、隠れて客を取る芸者は決して少なくありませんでした。

幕府公認の遊郭だった吉原はルールが厳しかったものの、それ以外の深川などの地域の町芸者は「お金を出せばすぐ『転ぶ(寝る)』」のが普通でした。

それどころか、芸者は建前では「客を取らない」として隠れて売春を行っていたことで、かえって吉原などの遊女とはできない「複数プレイ」などもできてしまったようです。

ちなみに、どんな相手とでもお金で寝る芸者は「蹴転(けころ)」「転び芸者」などと呼ばれることがありました。

これは「蹴れば(お金を渡せば)すぐ転ぶ(寝る)」が語源とされています。

町芸者は、8代将軍・徳川吉宗の時代に踊子芸者が取り締まられたことにより、芸で身を立てることが難しくなっていました。だから彼女たちが隠れて客を取っていたのは、生活のための苦肉の策だったようです。

参考

花魁と芸者(芸妓)はどう違うの?遊郭に関わる専門用語の説明江戸時代、性を仕事にしてい女たち〜芸者や招婦、水茶屋女ってどんな人?