笑顔を見せる藤浪(阪神タイガース提供)

写真拡大

 阪神・矢野燿大監督(51)が23日、新型コロナウイルスに感染し、調整遅れが懸念されていた藤浪晋太郎投手(26)について「今の段階で、体力面の不安は感じていない」と評し、開幕ローテ候補の一人として期待をかけた。

 投球の強度が上がっている。「1回目より次見た方がボールも来ているなという感じはあった」。最短6月19日の開幕に向け、早急に仕上げなければならない。「無理して作っていく部分も出てくる」と疲労がたまる可能性は否定できないが、現時点で調整や体力面に影響していないことは安心材料だ。

 期待するのは2年ぶりの開幕ローテ奪還。「俺の中では、競争からはい上がってきたヤツを使う中での晋太郎っていう部分。同じように見ていきます」と指揮官。実戦で名誉挽回の全快投球を披露した先に、開幕ローテ入りのビジョンが見えてくる。