“親愛なる指導者”である父・金正日の死亡により、最高指導者としての地位を実質上継承した金正恩。就任以来、彼は数多くの弾道ミサイル発射実験、核兵器実験を行い、世界を騒がせ続けている。兄・金正男暗殺への関与疑惑や、本人の死亡・重体説など、国際ニュースで彼の話題を目にしない日の方が珍しいとすらいえるだろう。

『金正恩の実像 世界を翻弄する独裁者』(扶桑社)は、特異な行動を繰り返し、世界中から耳目を集めようとする男の知られざる出自・思想に迫った1冊だ。合計100時間以上にも及ぶ関係者への取材を通じて浮かび上がった、独裁者の知られざる実像について引用し、紹介する。

 子ども時代、彼はどのような環境で、何を考え、世界で最も恐ろしい独裁者の1人として育っていったのだろうか。

◇◇◇

少年時代には飛行機に熱中した

 金正恩は少年時代、あらゆる機械に強い興味をもち、特に飛行機と船の模型に熱中していた。そして、飛行機がどうやって飛ぶのか、船がどうやって浮かぶのかを知りたがった。まだ平壌にいた8歳か9歳の頃でさえ、彼は深夜まで自作の機械であれこれ実験し、自力で理解できないことがあれば専門家たちに質問すると言い張った。真夜中の日付が変わった時間帯でもおかまいなしだったそうだ。高英淑(*1)によれば、疑問が湧いたり機械がうまく動かなかったりしたら、どんなに夜遅かろうが海洋工学の専門家を呼び出して説明させていたという。

*1 金正恩の叔母

 高英淑は、この習慣に金正恩という人間の2つの側面を見ている。彼は、驚異的な集中力のもち主である反面、1つの考えにはまり込み、行きすぎる傾向があった。「強迫」という言葉こそ使わなかったものの、彼女が話してくれた金正恩の特徴はここに当てはまる。実際、のちにベルンで一緒に暮らしていた頃、彼はいつも叔母夫婦におもちゃ屋の模型飛行機をねだり、熱狂的な愛好家たちが自作の飛行機を飛ばしに集まる公園に連れて行くようせがんだ。その執着心は大人になるまで長く続いた。


©iStock.com

 金正恩自身、最高指導者になる前にこの傾向を認めていたようだ。彼はある当局者に対し、子どもの頃に屋敷の裏に滑走路をつくり、おもちゃの飛行機で遊んだ話をした。北朝鮮の出版物によれば、当局者はこの逸話のことを、金正恩が指導者として類まれな資質をもつ新たな証拠と考えたそうだ(*2)。

*2 Anecdotes of Kim Jong Un's Life(Pyongyang: Foreign Languages Publishing House, 2017)より

宇宙で1番特別な子どもという自覚

 のちにパイロットとなり北朝鮮の空を飛び回るようになったことも、元山にある夏の別荘の近くに着陸できるよう、飛行場を新設したことも、少年時代に飛行機に熱中していたことを考えれば納得できる。最近では、諜報機関の分析官たちが北朝鮮によるミサイル発射の兆候を衛星写真で探すとき、金正恩の個人飛行機が近くの飛行場にあるかどうかがチェック項目に入っている。

 金正恩が少年から青年へと成長した時期は、北朝鮮全土を飢饉が襲った時期と重なった。しかし、「偉大な継承者」に物資の欠乏が及ぶことは一切なかったし、彼が同胞の苦しみを目の当たりにすることもなかったはずだ。その代わり、彼はすべてが自分中心に回る世界で育った。藤本のように自ら指名した友人がいただけでなく、教師やコーチ、料理人、身辺警護員、運転手も抱えていた。

 彼は自分が宇宙で1番特別な子どもであるかのように感じながら育った。のちに「自立」を奉じる身でありながら、実際は使用人や取り巻き、家庭教師たちに頼りきりだった。

7歳で車を運転、11歳で銃を所持

 金正日の子どもたちは皆、4メートル半の鉄の門と壁に囲まれた屋敷に閉じ込められるか、元山の海辺の別荘に隔離されながら、贅沢そのものという暮らしを送っていた。ソニーのテレビやコンピューターがあり、テレビゲームの「スーパーマリオ」シリーズで遊ぶこともできた。さらに、ヤマハやスタインウェイのピアノもすべての屋敷にあった。

 子どもたちには広々した遊び部屋が用意され、ヨーロッパのどこのおもちゃ屋よりもたくさんの遊び道具が与えられていた。山のようなレゴとプレイモービルに、絶対に全部完成させられないほど大量のジグソーパズル、驚くほど本物らしい弾丸を込めたプラスチック製ピストルがあった。それに、豆自動車は想像しうる限りあらゆる種類がそろっていた。それどころか、金正恩は本物の自動車と本物の銃も持っていた。車は7歳の彼でも運転できるよう父親が特別に改造させたものだ。また、銃は45ミリ口径のコルトを与えられ、11歳のときには尻に着けていた。

 屋敷にはそれぞれ、木製パネルで音響効果を高めた防音仕様の大きなホームシアターがあり、明かりが消えるのに合わせて黒いビロードのカーテンが開いた。子どもたちは柔らかいアームチェアに座り、『ベン・ハー』や『ドラキュラ』、「ジェームズ・ボンド」シリーズを観ることができた。

 キッチンにはケーキやフレンチ・ペストリー、スモークサーモン、パテのほか、マンゴー、メロンなどの熱帯産フルーツが置いてあった。また、洋服はサムソナイトのスーツケースに詰めて運ばれてきたイギリス産の生地による特注品で、歯磨き粉は輸入物のコルゲート製品だった。

 庭は子どもたちが「公園」と呼ぶほど大きく、人工の滝から落ちた水が人工の湖に注いでいた。敷地内の移動にはゴルフカートかペダル付きオートバイを使った。また、クマやサルが入った檻もあったし、屋敷によっては大きなプールや屋内外の射撃場も備わっていた(*3)。

*3 屋敷や敷地内の設備については、オニール著『The Golden Cage』より。

遊びの間に垣間見える絶対的な権力

 藤本によれば、金正恩は試合の分析に夢中だったそうだ。選手たちの長所や短所を指摘し、いいプレーをしたと思えば称賛を送り、そうでなければ叱責したという。

 金正恩は藤本が持っていたホイットニー・ヒューストンのCDを藤本のウォークマンで聞いたり、屋敷のコートでバスケットボールをしたりして過ごした。多くの場合、王子たちのバスケットの相手は、特別に連れてこられた子どもたちが務めた。

 藤本は「確固たる理由をもって適切な評価を下す能力が彼にはありました。いつ褒めるべきか、いつ批判すべきかわかっていたのです」と振り返る。選手をどれほど厳しく叱ったかを話すとき、金正恩は笑みを浮かべていた。彼は、指揮官としての技術を練習しているかのようだった。そして、絶対的な権力が呼び起こしうる恐怖を楽しんでいた。

記者たちが学校に殺到した

 2009年、金正恩が父親の後継者になるというニュースが飛び交うと、未来の独裁者について知りたがる記者たちが学校に殺到した。彼を受けもっていた教師たちに話を聞こうとしたのだ。

 7月には、日本の新聞記者が廊下に貼られていた金正恩のクラスの写真を撮影し、紙面に掲載した。その後、クラス写真は壁から剥がされて人目につかない保管場所に移され、敷地への記者の立ち入りは禁止された。

 この写真はいまもインターネット上にある。校庭の木の下で撮ったものだ。生徒たちの服装はシャンブレーのシャツに大きめのトレーナーといった具合で、どれも1990年代らしい。金正恩は後列の中央にいる。グレーとブラックの生地に赤いラインの入ったジャージを着ていて、袖には大きな赤色の文字で「NIKE」と書かれている。カメラを見つめる顔には笑みがない。

 一方、同じ時期に撮られた別の写真には、笑顔の彼が写っている。黒いTシャツを着てシルバーのネックレスをした姿は、典型的な10代の少年だ。さらに別の写真では、うっすら口ひげが生え、頬ににきびができているのがわかる。

 学校は記者を排除しようとしたが、あまりに関心が大きかったため、当局が教室で記者会見を開いた。リーベフェルトを所管するケーニッツ市の教育長、ウエリ・ステューダーは、1998年8月から2000年秋まで北朝鮮出身の男子生徒が通っていたことを認めた。また、この生徒は大使館員の息子として入学したと説明したうえで、他国の外交官の子どもが入学することは珍しくなかったと述べた。

 ステューダーは「その生徒は学校にうまく馴染んでいて、勤勉で、高い目標をもっているとみられていた」と説明を続けた。さらに、「趣味はバスケットボールだった」とも述べている。声明文では、これ以上のコメントはしないという最後の1文が太字で強調されていた。学校は今日に至るまで、細かな補足を除いて追加の説明をしていない。

 教師たちが少年の両親に会うことはなかった。当時の校長、ピーター・ブッリによれば、夜に父母会を開くと、そのときごとに違う北朝鮮人が現れ、少年の両親がドイツ語を話せないため代理で出席すると言って謝罪したという(*4)。

*4 Andrew Higgins, Who Will Succeed Kim Jong Il~ Washington Post, July 16, 2009.より

 リーベフェルトの公立学校に入学した金正恩は、ドイツ語を話せない生徒を対象とする「受け入れ学級」で最初の数か月を過ごした。授業はドイツ語だったが、教師はゆっくり、シンプルな言葉で話してくれた。

 当時、全校生徒の約4分の1がスイス以外の国民だったため、学校側は言葉を話せないまま入ってくる子どもに慣れていた。また、金正恩は学校以外でも家庭教師からドイツ語を習っていた。

勉強が苦手な生徒のグループに

 10代の金正恩が学校で何を学んだのかをもっと詳しく知るため、私はバスに乗ってケーニッツに行き、市役所を訪ねた。市教育長のマリサ・ビフィアンが、1990年代の教育課程をとじ込んだ大きな白いバインダーを出してくれた。

 科目を見ると、ドイツ語、数学、理科、保健、外国語、音楽、美術、体育といったありふれたものもあれば、世界の宗教と文化を教える「私たちを取り巻く世界」というものもあった。生徒への評価は年齢ではなく能力に基づいていた。ビフィアンによれば、学校側は進級に対して慎重で、下の学年で習う内容が十分に身につくよう、1年留年させる傾向があるという。

 金正恩は「受け入れ学級」での準備を終えると、通常課程の6年生に入った。

 ポルトガル移民の息子で、当時14歳だったジュアン・ミカエロは、アジア系の少年が6年A組の教室に入ってきたときのことをよく覚えていた。少年はジャージ姿で、ナイキの靴を履いていたそうだ。クラスには22人の生徒がいた。全員が着席していたところに、転入生の金正恩が連れられてきて、北朝鮮外交官の息子、パク・ウンと紹介された。ミカエロの隣の席が空いていたので、正恩はそこに座った。その後、彼は短く「ウン」と呼ばれるようになる。

少年時代の友人は金正恩をどう見ていたのか

 2人はすぐに親しくなり、仲を深めていった。席が近かっただけでなく、どちらもあまり成績がよくなかったからだ。6年生のクラスは2つに分かれていて、金正恩とミカエロは勉強が苦手な生徒のグループに入れられた(*5)。教師に指名されて教室の前で問題に答えるとき、金正恩は恥ずかしい思いをしていた。たとえ答えがわかっても、うまく話せなかったのだ。そういうわけで、ミカエロが正恩のドイツ語の宿題を手伝い、正恩がミカエロの数学を手伝うようになった。

*5Mira Mayrhofer and Gunther M~ ller, Nordkorea: Kim Jong-un Wird aufdie Macht~ bernahme Vorbereitet, Profil(Austria), September 21, 2010.より

 ミカエロの記憶にある金正恩は、静かではあったが決断力に優れ、考えを明確に主張することができた。ミカエロは「彼は野心的でしたが、攻撃的でありませんでした」と語っている(*6)。

*6 スイスのジャーナリスト、ベルナルド・オーデナルの未公開インタビューによる。

転入してきた頃は乱暴だった

 しかし、ほかの生徒たちは、転入してきた頃の金正恩は乱暴だったと記憶している。うまくコミュニケーションがとれなかったせいだ。スイスでは公の場で高地ドイツ語が使われる。当時のクラスメートたちが語っているように、学校の授業は高地ドイツ語で行われたが、家族や友人との会話はスイスドイツ語だった。スイスドイツ語は言語学的には1つの方言にすぎないのだが、外から来た者にはオランダ語くらい違う言葉に聞こえる。金正恩はこれにストレスを感じ、言葉がわからないことに腹を立てていた。あるクラスメートは「彼は私のすねを蹴ったんです。つばを吐きかけられることさえありました」と語っている(*7)。

*7 Kim Jung-un mochte Nike Air-Turnschuhe, aber keine M〜dchen, Berner Zeitung, October 6, 2010.より

ストリートファッションで固めた学生時代

 クラスメートたちによると、コミュニケーションの問題以外にも、金正恩は奇妙なよそ者と見られがちだった。特に大きな理由は、彼がいつもジャージを着て、世界の10代のユニフォームと化していたジーンズを履かなかったことだ。だが北朝鮮では、ジーンズは唾棄すべき資本主義者の象徴とされている。

 あるクラスメートの記憶によれば、金正恩は当時、サイドに3本線が入ったアディダスのジャージを着て、ナイキのバスケットシューズ「エア・ジョーダン」の最新モデルを履いていた。金正恩と放課後によくバスケットボールをしていた別のクラスメート、ニコラ・コバチェビッチは、ほかの生徒からすればエア・ジョーダンは夢のスニーカーだったと言い、当時のスイスでは200ドル以上したのではないかと語っている(*8)。

*8 Higgins, Who Will Succeed.より

 金正恩のドイツ語は進級するうちに上達し、どうにか授業についていけるようになった。すねを蹴られ、つばを吐きかけられたと語った女性も、彼は時間とともに周囲と打ち解け、前より社交的になったと認めている。

 それでも、金正恩は内向的なままだった。ミカエロは、混み入った考えにドイツ語が追いつかず、それを自分のなかにとどめがちだったと説明している(*9)。ケーニッツ市の教育当局によれば、彼は7年生、8年生へと進級し、9年生の途中までこの学校に通っていた。成績は決してよくなかった。また、よく学校を休んだことも間違いなくマイナスに働いたはずだ。1年目の欠席日数は75日で、2年目にはこれが105日に増えている。(*10)

*9 オーデナルの未公開インタビューによる。

*10 金正恩が高校でしていたバスケットボールの試合に関するシモン・ルツトフの証言は、Titus Plattner, Daniel Glaus, and Julian Schmidli, In Buglen und Kochen eine 4, Sonntags Zeitung, April1, 2012より。

「グアムの近くに落としたらどう思う?」核ボタンを自慢したがる男がとった奇怪な行動とは…… へ続く

(アンナ・ファイフィールド)