いよいよ梅雨のシーズンが始まりますね。共働きで忙しい日々を過ごすライターのsakkoさんの家では、この季節はもちろん1年中、物干しアイテムの「ホスクリーン」が大活躍しているそう。
自分で取り付けることもできる簡単な物干し。おすすめの設置場所や利用法を教えてもらいました。

ポイント1 エアコンの真正面

寝室のエアコンの真正面に設置することで、棒の端まで洗濯物を掛けても風が行き渡るようになっています。サーキュレーターで下から風を送ることもできますが、この配置なら必要ありません。

冬は暖房の風、梅雨時や夏場は送風かフルパワー除湿を使うことで洗濯物はしっかり乾きます。

ポイント2 外干し場に面した掃き出し窓の前

わが家の洗濯物は外干しと室内干しが半々です。外から取り込んだ洗濯物をひとまず掛けたり、洗濯物の量が多くて外干しとホスクリーンの両方を使っているときもまとめて片付けられるように、外干し場との連携を重視しました。

外干し用のウッドデッキは2畳半ほどのスペースですが、旅行や出張で洗濯物がたまると干しきれません。また、ベットシーツなどの寝具の洗濯も幅を取るので、外干しを併用してもまとめて片付けられる配置で助かっています。

梅雨や花粉で外干しができない時期でも浴室と洗濯機が近くにあるので、それぞれの乾燥機能+ホスクリーンでバッチリです。

ポイント3 出しっぱなしでも邪魔にならない場所

ホスクリーンは片付けられる設備ですが、夫婦共々めんどくさがりなところがあるので一度も片付けたことがありません。繁忙期は洗濯物も掛けっぱなしで、毎朝そこから取って着替えるなんてことも普通にあります。

それでも嫌にならずに使えるのは、洗濯以外の動線とかぶらないからです。
寝室の端っこにあるのでクローゼットともかぶりません。リビングで洗濯物を眺める羽目にもならないし、洗面脱衣所も広く使えるので朝シャワーを浴びたり支度をする時も邪魔にもならないです。

というわけで、サンルームやランドリールームがないわが家は、ホスクリーンの設置場所が上手くいったことで洗濯物のわずわしさからは解放されています。

※取りつけの際には耐荷重に注意し、また地震の際などに落下してケガをしない場所を選びましょう