「彼らの戦いに終わりはない」 Netflix映画『オールド・ガード』7月10日から独占配信開始

写真拡大

 女優のシャーリーズ・セロンが不死身の傭兵を演じるNetflixオリジナル映画「オールド・ガード」(http://youtu.be/1vWU0JuymGU)の予告編とキービジュアルがお披露目された。映像には、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「アトミック・ブロンド」のセロンが、鍛え上げられた肉体で見せる超絶アクションが切り取られている。

 「ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム」のジーナ・プリンス=バイスウッド監督がメガホンをとり、スーパーマン、ワンダーウーマン、ウルヴァリンなどのアメリカンコミックライター、小説家として活躍してきたグレッグ・ルッカによる人気グラフィックノベルを映像化。何世紀にもわたり、密かに人類を守り続けてきた秘密の特殊部隊「オールド・ガード」のメンバーたちは、“永遠の命”を持っていた。ある日、彼らの能力が何者かによって暴かれ、その能力を複製しようと企む謎の組織から狙われることになる。手段を選ばない組織の脅威に立ち向かう部隊と人類の運命は、チームを率いる女性兵士アンディ(セロン)と仲間たちに託された。

 予告編では、敵の罠にはまり、嵐のような銃撃を受ける「オールド・ガード」の衝撃的な姿が映し出される。しかし、死んだはずのメンバーはすぐに息を吹き返し、逆に敵を返り討ちに。やがて、アンディは新メンバーに迎えたナイルに、不死身の肉体を持っていることや、歴史の影で暗躍してきたことを語り出す――。さらに、映像では銃や剣を使った接近戦や肉弾戦、特殊な斧を駆使したアクションシーンなどが展開され、スリリングな物語への期待が高まる。

 キービジュアルは、「彼らの戦いに終わりはない」というコピーを活写。セロンを中心に、ナイル役のキキ・レインをはじめ、マーワン・ケンザリ、キウェテル・イジョフォーらが顔をそろえている。

 「オールド・ガード」は、7月10日からNetflixで独占配信。