23日午後9時の予想天気図。

写真拡大

きょう23日は、梅雨前線が沖縄付近に停滞しており、オホーツク海には高気圧があって東進しています。前線の影響で南西諸島は大雨となっており、警報が発表されている地域もあります。土砂災害などに警戒してください。

関東から北海道の太平洋側では、南よりの風によって暖湿気が入り雨が降っています。一方で、オホーツク海高気圧は東進するため、きのうよりも暖かくなる見込みです。

あす24日には、この高気圧の影響も少なくなり、東日本では久々に晴れ間が見えるでしょう。特に関東では1週間ぶりの晴れ間となる見込みです。ただ、北日本は上層にある気圧の谷などの影響で、雲が多く雨が降る所もありそうです。

(気象予報士・吉澤 巧)