ミーガン・フォックス(左)とブライアン・オースティン・グリーン(右)
 伝説の大ヒットドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』でおなじみのブライアン・オースティン・グリーン(46)が、自身のポッドキャスト番組で、妻ミーガン・フォックス(34)との破局を公表した。2004年の交際開始から現在に至るまで、くっついたり離れたりを繰り返してきた2人。そんな関係に終止符を打ったことを明かしたブライアンが、番組で語ったこととは……。

◆今後も彼女を愛し続けるし、彼女も僕を愛し続ける

 自身のポッドキャスト番組「Context with Brian Austin Green」の最新エピソードで、ミーガンとの破局を公表したブライアン。夫妻が長らく別居していることを認めたうえで、今後の2人の関係について次のように語った。

「みんなには、全てを僕の口から話したかった」

「彼女はいつも僕に正直だったし、僕も彼女には正直でいた。僕たちは素晴らしい関係だったよ。僕は今後も彼女を愛し続けるし、彼女も僕を愛し続けるだろう。僕たちが築き上げた家族はとてもクールで特別なものだと分かっている」

 また2人の間には、3歳から7歳まで3人の子供がいることから、今後も良い友人関係を保つよう努め、子育ても協力していくつもりだという。

「僕たちは、今後も家族旅行をしたり、休暇を一緒に過ごしたり、子供達のためにそういうことを大切にしてゆくつもりだ。人生に変化が起きて、15年間慣れ親しんだことが変わるのは良い気分じゃない。そうならないように努力しようとするものだ。でも人は変わるものだから。ミーガンと仲違いはしたくない。彼女は15年間僕の親友だったし、それを失いたくはない」

◆妻ミーガンに浮気疑惑も。若手ラッパーとの2ショット目撃される

 今回ブライアンが破局公表に踏み切ったのは、妻ミーガンに浮気疑惑が浮上していることが関係しているようだ。

 先週、ラッパーのマシン・ガン・ケリーが運転する車に乗り、一緒に出掛けるところを激写されたミーガン。ちょっと前から、ブライアンと別居しているのではないかとの噂も浮上していたこともあって、夫妻の破局説が一気に加速することに。

 ブライアンは、ポッドキャスト番組のなかで、ミーガンとケリーの関係についても言及。ミーガン本人に確認したところ、「ケリーは、現時点では友だち」と答えたという。

 また、「僕は彼女の判断を信頼している。彼女は常にいい判断を下してきた」としたうえで、「ミーガンやケリーが悪者で、僕を被害者のように扱ってもらいたくない。だって僕は被害者ではないから」とコメント。浮気疑惑がかけられている妻をかばう様子を見せた。

 一方で、2人の関係が終わり、喪失感に苦しんでいることも隠さなかった。

「『僕がいつも親しみ愛し、そしてシェアしてきたこの人生の大きな部分が変わるなんて、これからどうすればいいんだ』っていう喪失感があった。どのような光景になるのか、日々の暮らしはどんな感じになるのかってね……」

◆映画撮影から戻った後、別れを切り出される

 あくまで冷静に自分の気持ちをファンに伝えたブライアンだが、妻の浮気疑惑にやはり心中穏やかではなかったようだ。ミーガンとケリーの2ショット現場が報じられた直後、ブライアンは花から蜜を吸う蝶の写真をインスタグラムに投稿し、こんなコメントをつけている。

「蝶は、ずっと花に留まっていると飽きてしまう。息が詰まるんだね。外には広い世界が広がっているし、いろいろ経験したくもなるよね」

 育児などでしばらく女優業を控えていたミーガンだが、本格復帰する新作映画『 Midnight in the Switchgrass』の撮影に参加するため、昨年は数週間にわたり家を空けていた。その撮影から戻って来ると「一人でいる時の方が自分らしくいられた」と話し、ブライアンに別れを切り出したそうだ。そして夫婦で話し合い、しばらく別居することにしたという。

“ビバヒル”のデイヴィッド役で一躍有名になったブライアンと、男性誌で「世界で最もセクシーな女性」にも選ばれたミーガン。2人は2004年、テレビ共演をきっかけに交際を開始、2006年には婚約したものの、2009年に婚約解消。2010年に再び婚約し、結婚した。2015年にもミーガンが離婚を申請したが、その後に第3子を妊娠したことで復縁。最近では仲の良いセレブカップルとして知られていた。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>