マスク着用のままジェットコースターを利用するリハーサル=富士吉田市で2020年5月22日、小田切敏雄撮影

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大で4月から営業を休止している富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は23日から営業を一部再開する。ジェットコースターなど屋外アトラクションや一部の飲食店などの営業で屋内アトラクションの休止は継続する。

【図解】現金給付10万円 どう受け取る?

 感染対策として、同県内在住者に利用を限定し、入場を定員の3割に制限。営業時間も短縮し、午前10時から午後5時までとする。さらに来園者に対し、アトラクション乗車時も含めたマスク着用を呼びかける。入園時のサーモグラフィーで37.5度以上の発熱があるなど体調が悪い場合は入場できない。

 感染対策は感染拡大の状況や専門家の知見を踏まえて見直していく。22日はリハーサルがあり、サーモグラフィーによる検温や、マスクを着用したアトラクション利用などを確認した。【小田切敏雄】