少年が乗った車が炎上した現場。左側にある木にぶつかったという=2020年5月23日午前7時35分、富山県小矢部市嘉例谷、平川仁撮影

写真拡大

 23日午前1時55分ごろ、富山県小矢部市嘉例谷(かれいだに)の国道471号で、乗用車が道路脇の木に衝突して炎上した。

 この事故で、いずれも石川県白山市に住む職業不詳の18〜19歳の少年5人が全身を強く打ち、病院に搬送された。5人とも意識はあるが、重傷の模様。

 小矢部署によると、現場は山間部を走る片側1車線の急なカーブ。運転していたのは18歳の少年で、曲がりきれずに対向車線にはみ出し、そのまま道路脇の木に衝突したらしい。5人は中学の同級生で、ドライブ中だったという。(竹田和博)