「家庭的な女性」が、婚活市場においてここ数年人気が出ているという。彼女たちの魅力とは(写真: asaya/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。婚活市場において、かつてとは違う意味での“家庭的な女性”が、ここ数年は人気となっています。経済が低迷し、「趣味は貯金」と言うような堅実な男性が増えてきたという社会背景に加え、「家庭的な女性」は結婚を強く意識させるという理由もあるようです。

外ではきらびやか、でも実際は倹約家

経済が低迷している今、ブランド品で身を固めているような、いかにもお金がかかりそうな女性は人気がありません。かと言って身なりにあまりだわらない様子で、「仕事はしてません」「ずっと家にいます」という女性は、求められている“家庭的”とは違います。


この連載の一覧はこちら

きちんと働き、外で会っているときは一見きらびやかに見えるけれども、実は、お金はあまり使わず、家事が得意でちょっと所帯じみている。そんなギャップが男性にとっては新鮮に感じられるようです。女性はつい「インスタ映え」を狙って派手な日常を演出したくなりますが、婚活の観点からいえばそれは逆効果です。

「家事が得意な人」は、実は、男女ともに人気です。仕事で忙しい女性が増えており、1人暮らしだと毎日帰宅後に夕食を作るのは大変。帰りに同僚と一緒に食べてきたり、お弁当を買ってきたりすることがどうしても多くなります。

それは1人暮らしの男性も同じ。しかし、男性は自分と同じ生活では“女性”を意識しづらい。別に凝った料理でなくていいんです。簡単なものをサッと作るだけで、「自分の生活とは違う」「結婚するとこんなふうに生活が変わるんだ」と認識できる。それでプロポーズするというわけです。

だから、お見合い後のデートについて、女性にはいつもこうアドバイスしています。「外で会うだけではなかなか進展しない。3回目には、食器や鍋を持って相手男性の家に入り込んで来なさい」。

そこで一緒に餃子を皮からつくって焼くなどすると、男性は「なんて家庭的な女性なんだ!」と感激する。こうして戦略的に家庭的な女性を演じさせることもありますが、自然にそういう姿を見せられる女性であれば婚活はスムーズに進むと思います。

今の婚活はお金がかかりません。女性は家庭的なところを見せる。男性は「大事にしている」というところを見せる。「大事にしている」というのは、レストランで2万円のディナーをごちそうすることではありません。やさしい気遣いの声をかけてあげるということです。

デートに軍手とゴミ袋持参で登場

家庭的な女性の成功例をご紹介します。開業医で50代の男性Aさんと栄養士で40代の女性Bさん。Aさんは、いつもデートのときに「うなぎ、すし、天ぷら、どれがいいですか?」と聞いていました。

2回まではそのパターンでしたが、3回目で彼女は「うなぎもおすしももういいので、山に登りたい」と言ったそうです。そんなに大きい山ではなく気軽に行ける小さな山です。

約束の日、Aさんは車で迎えに来てくれたのですが、お財布を持っていないことに気づいた。「取りに帰ってまた迎えに来る」と言ったのですが、彼女は「私も行きます」とAさん宅に一緒についていったそうです。すると、家の中は段ボールだらけ。半年前に引っ越してきたのにまだ箱から出していない状態だったそうです。

その日は登山を楽しみ、次のデートの約束⋯⋯となったとき、Aさんがまた「うなぎ、すし、天ぷら」と言うので、「次のデートはおうちのお片付けをさせてください」と答えたそうです。

そして、本当にエプロンと軍手とゴミ袋を持参し、30箱を全部片付けた。「これはどうします? これはどうしますか?」と次々に整理。彼は“ゴールドハンド”なので手を傷つけないよう、ソファーに座ったまま。「それはいらないな、それは棚に」と指示を出していたそうです。

30箱全部片付けたら夜6時。Bさんは「私、買い物に行きます」とスーパーへ。彼はついてこない。お殿様みたいですね。彼女は、初めてのところにひとりで出かけたものだから迷子になってしまいました。Aさんに電話をかけたら迎えに来てくれたそうです。

本来だったら、1日中片付けをした後ですから、一緒に外食すればいいじゃないですか。スーパーに出かけた彼女を待っている間、彼は「片付けをさせて、買い物まで行かせちゃって、かわいそうなことをしたな」とさすがに反省したようです。

家政婦ではなく「40代のシンデレラ」

そして、2人で帰ってきて手料理を食べたら、Aさんが「結婚してください」とプロポーズ。4回目のデート、30箱のダンボールを開けて成婚に至りました。彼は「こんなに優しい人に会ったことがない」と思ったそうです。Bさんは家庭的で片付けも苦ではないし、栄養士なので料理も大好き。作ってあげることはまったく苦ではありませんでした。

結婚後、Bさんがあいさつに来てくれました。専業主婦となり朝食はもちろん、お昼はお弁当をつくって、夕食も肉料理、魚料理を含め最低5品は出すそうです。

その日も「夫の迎えがあるので」と早々に帰っていきました。食事を全部用意して、忙しい夫の送り迎えをして、旅行もなかなか自由に行けず、傍から見ると家政婦のようですが、Bさんにとっては幸せ。生活や考え方が合っているということですよね。

AさんはAさんで結婚したことで「もっと妻にお金を残してあげたい」と仕事への情熱がより一層強くなり、小さなクリニックから入院施設もある総合病院開業に乗り出したそうです。彼の年収は2000万円以上、Bさんは、もともとは年収300万円。彼女は友だちや親戚の間で有名人になったそうです。「40代のシンデレラ」と。

先日、成婚となった男性Cさんと女性Dさん。彼は初婚なので結婚に夢があったようですが、彼女はバツイチなので現実的。3回目のデートで彼の家に行き、冷蔵庫の整理をしたそうです。

「これは2年前のしょうがのチューブ。◯◯君が食べたらお腹壊しちゃうよ」なんて言いながらボンボン捨てた。彼はそんな腐ったものが冷蔵庫にたくさんあって引かれるかもしれないと心配していたようですが、彼女は手際よく整理してきれいに拭いて、「1段目にこれを入れて、2段目にはこれを置くと見やすいんだよ」とアドバイス。その姿に幸せを感じた彼はすぐにプロポーズしました。

Cさん曰(いわ)く、「今まで会った女性たちは外でしか会ってないので、外見の印象や話が合うか合わないかくらいしかわからず、結婚がどういうものかイメージできなかった。Dさんは『結婚すると奥さんはこうして仕切ってくれるんだ。自分はゴミ袋を持たされて言うことを聞けばいいんだ、そしたら冷蔵庫がこんなにきれいになるんだ』と、結婚後の生活がはっきりとイメージできた」とのこと。彼はほかにもお見合いが入っていたのですが、違約金まで払って彼女に決めました。

「20代女性」にこだわった結末

いまやほとんど化石のような存在ではありますが、まだ「若い女性が好き」という男性がいます。40代半ばの男性Eさん。都内の某駅前にマンションを所有し、貯蓄もしっかりあります。30代後半の女性と、20代半ばの女性とお見合いして、後者を選んで結婚しました。お見合いから結婚まで2カ月のスピード婚でした。

ところが、その女性はまだ中身が子どもだったんですね。Eさんはお父さんのような存在になってしまった。彼女は言いたい放題、わがまま放題。一度も食事を作ろうとしなかったそうです。「なんだ、この結婚は?」と思い、たった半年で離婚してしまいました。

彼女としては「Eさんは家もあるし、お金もあるし」と頼れるお父さんの感覚で結婚したのかもしれません。しかし、彼としては、若くても家庭のことはいろいろとやってくれるだろうと思った。

「思った」だけではダメなんです。デートのときに、彼女から家庭的な面をまったく見ていない。彼女をよく見ないまま、ただ若くてかわいいというだけで結婚してしまったんです。

年齢や外見だけで決めるとこういう失敗は往々にしてあります。その人がどういう価値観で育ってきて、どういう生活をして、将来どういう結婚生活をしたいと考えているのか。そして、あなたにお金だけで食いついていないか、よく見定めてほしいと思います。