肌に嬉しい栄養をぎゅっと閉じ込めたフェイスパックは、毎日のケアやスペシャルケアで欠かせないという方が多いのではないでしょうか。いろいろな化粧品ブランドからも出ているので、選ぶのも楽しみの一つですよね。しかしこのフェイスパックの保管、大丈夫ですか?肌が喜ぶ使い方をできるように、保管方法も見直してみましょう。

出典:https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/natural-herbal-soothing-gel-aloe-vera-1159939699

フェイスパックの保管の見直し〇藩儡限をチェック

出典:https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/facial-mask-wamon-hand-1257285892

まず正しく保管するためには、使用期限の見直しからはじめましょう。

フェイスパックの使用期限は未開封のものであれば、製造日から3年間といわれています。
フェイスパックをはじめとする他の化粧品には、使用期限が表記されていないことが多いため、分かりにくいですが製造日から3年を目安に考えて見直しするといいですよ。

すでに開封してしまった場合は、1ヶ月以内に使い切ることがおすすめです。長くても3ヶ月以内には使い切れると◎
大容量パックは、基本的に毎日1枚使って1ヶ月で使い切れるくらいの枚数になっているかと思いますので、そのまま使っていれば大丈夫でしょう。

期限が切れてしまったフェイスパックはそのまま保存していても仕方ないので、ハンドケアとして使ったり、玄関や床掃除に使ったりするのもいいですね。

フェイスパックの保管の見直し⇔てておく?横にして置く?

出典:https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/female-hand-mask-face-cosmetology-medicine-753946885

大容量のフェイスパックであれば、そのまま箱ごと置いといて問題ないですが、1枚ずつや7枚ずつ入っているようなフェイスパックの場合は、どのように保管していますか?
見直してほしいポイントは、立てているか横にしているかです。

実は立てて保管するのはベストではないといわれています。
袋の中の液体によるシートへの染み込みにムラが出てしまうので、横にして保管するのがいいそう。

そして使うときに袋をもみ込み、シート全体に美容成分が詰まった液体を染み込ませるようにしてから使うと良いといわれています。

フェイスパックの保管の見直しN簑庫で保管はしていいの?

出典:https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/natural-herbal-soothing-gel-aloe-vera-1159939699

フェイスパックは冷暗所で保管することが基本になります。
温度や日光によってフェイスパックが変色したり、劣化したりしてしまうので、暖房器具が近いところや日光の当たる場所で保管するのはNG。

また、フェイスパックの保管場所を見直したときに「冷蔵庫で保管するのはいいの?」と思う方もいるのではないでしょうか。
ここは使用しているフェイスパックによって変わってきます。

極端に冷やしすぎると美容成分が結晶化してしまう恐れがあることから冷蔵庫で保管できないものもあれば、試験済みで冷蔵室での保管は問題というところもありますので、使用しているパックを見直し、メーカーに一度聞くと安心ですよ!

フェイスパックの保管の見直しぬ封容器に入れるのはアリ?

出典:https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/young-beautiful-woman-face-mask-skin-796425952

パックの見直しをするにあたって気をつけたいポイントは、しっかり密閉されているかどうか。

チャックタイプのフェイスパック使っている方は、ちゃんと閉まっていなかったという経験はありませんか?
フェイスパックを取り出した後の手はぬるぬるしていてすべりやすいので、ちゃんと閉めれていないことがあるんですね。

立てて置いていても変形してきてしまうことも。

そのときは、空気に触れる時間を減らすためにも、密閉容器に移して保管するのも一つの方法です。
キレイな密閉容器と清潔な手で素早く入れ替えましょう。

見直してほしいフェイスパックの保管についてご紹介させていただきました。
保管方法と使用方法に気を付ければ、もっとフェイスパックの良さを引き出すことができます。
ぜひ見直してみてくださいね。

他の記事はこちら