マスク=ゲッティ(写真はイメージです)

写真拡大

 ディスカウントストアでマスク40枚を万引きしたとして逮捕された北九州市小倉北区の男性トラック運転手(54)が略式起訴され、小倉簡裁から窃盗の罪で罰金20万円の略式命令を受けていたことが22日、判明した。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄となる中、運転手は福岡県警の調べに「マスクの値段が高く、お金を払うのがもったいなかった」と話していた。

<容疑者「お金を払うのがもったいなかった」>

 略式命令は15日付。命令などによると、運転手は3日午後3時40分ごろ、北九州市小倉北区の「スーパーセンタートライアル東篠崎店」で、マスク10枚入り3袋と5枚入り2袋(計3195円相当)を盗んだ。小倉北署に現行犯逮捕されていた。【成松秋穂】