ゼンデュア・ジャパンは5月21日からMakuakeでUSBハブ「SuperHub SE」の応援購入プロジェクトを公開しました。

Power Delivery対応のUSB Type-Cポートが30W出力・5Gbpsデータ転送対応ポートと18W出力対応ポートの2口、7.5W出力で5Gbpsデータ転送対応のUSB-Aポートが1口、4K@60Hzと1080p@60Hzに対応するHDMIポートを搭載。ノートパソコンやタブレット、スマートフォンの充電、デバイス間のデータ転送、USB-Cで接続してHDMIから外部モニターに出力するNintendo Switchのドックに利用できます。電源の入力はAC 100-240V、50-60HzもしくはUSB-C 5V/1.5Aが利用可能。

窒化ガリウム(GaN)の採用により小型・高出力を実現した本体はクレジットカード程度のコンパクトサイズで、重量は約131g。

プロジェクトは7月20日まで公開。支援者には2020年8月末の出荷を予定しています。

Makuake|欲しい機能全部入り!ビジネスにも遊びにもあらゆる機能満載なSuperHub SE|マクアケ - クラウドファンディング
https://www.makuake.com/project/zendure/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』