(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

写真拡大 (全3枚)

TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』より、《アンダーワールド》に《創世神ステイシア》として現界した「アスナ」が、ねんどろいどになって発売される。

TVアニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)は、第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説を原作とするアニメ。謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた作品だ。
『ソードアート・オンライン アリシゼーション』『ソードアート・オンライン アリゼーション War of Underworld』は、SAOシリーズアニメ最新作。

現実世界で毒物を投与されたキリトこと桐ヶ谷和人は、治療のため精神を《アンダーワールド》という仮想世界に送り込まれる。だがキリトの収容された施設を謎の武装集団が襲撃。
窮地に陥ったキリトを助けるため、結城明日奈=アスナは《アンダーワールド》に《創世神ステイシア》のアバターを使ってログインする。

そして「ねんどろいど」は全高約10センチ前後のデフォルメ可動フィギュア。通算1000種類を超えるアイテムが発売されている人気シリーズだ。肘・膝は可動式のタイプと手足のパーツ交換で曲げ伸ばしを再現するタイプがあり、今回のアスナは交換タイプとなる。

「ねんどろいど アスナ《創世神ステイシア》」の交換用表情パーツは「通常顔」「戦闘顔」に加え、キリトへの愛しさをにじませる「笑顔」の全3種、
オプションパーツには神器《ラディアント・ライト》(鞘付き)を駆使した様々なポーズを楽しめる手足パーツの他、ユウキより継承した11連撃ソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を再現可能なエフェクトパーツも付属する。

>>>「ねんどろいど アスナ《創世神ステイシア》」の画像を全部見る

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project