Microsoftは米国時間2020年5月21日、IBM Advanced BASICを元にMicrosoftが1983年に開発したBASICインタプリタ「GW-BASIC」をオープンソースとしてGitHubで公開した。歴史的な資料提供を目的とし、生成に必要なビルドスクリプトやMakefileをはじめとするとツール群、ビルド済みのバイナリは含んでいない。

アセンブラコードやヘッダファイルなどが並ぶ

1975年にMicrosoftはAltair 8800用にBASICを移植し、そこから1980年初頭にかけて多くのコンピューターへBASICを移植してきた。公式ブログでは、「(当時の)家庭用コンピューターやパーソナルコンピューターで使用されていた初期プロセッサーのISA(命令セットアーキテクチャー)は、目を見張るような違いがなかった。Microsoftはマスターコードから多くの移植が可能だった」(同社Sr. Program Manager, Windows Console & Command-Line, Rich Turner氏)と当時の状況を説明する。Microsoftのオープンソースへの取り組みは積極的で、2018年9月にはMS-DOS 1.25および2.0をオープンソースとして公開した。

ソースコードにはBill Gates氏やPaul Allen氏たちの名前が記述されている

阿久津良和(Cactus)