口は禍の元!日本神話の英雄ヤマトタケルが悲劇を招いた失言ワースト3

写真拡大 (全5枚)

古来「口は禍(わざわい)の元」とはよく言ったもので、うっかり失言によってとんでもない事態を引き起こしてしまう事例は、枚挙に暇がありません。

それは英雄たちも同じだったようで、今回は日本神話の英雄ヤマトタケルが悲劇を招いた失言ワースト3を紹介したいと思います。

失言その1:実の兄を「ねぎし」ちゃったヤマトタケル失言その2:「こんな海、ひとっとびだぜ」豪語して海神を怒らせる失言その3:ラスボスに向かって「雑魚に用はねぇ」天罰てきめん

「悲劇の英雄」ヤマトタケル

ヤマトタケルノミコト(倭建命or日本武尊)は第12代・景行天皇の皇子で、幼名はオウスノミコ(小碓王)などと呼ばれていました。

若くして父に疎まれ、全国各地の叛乱を「一人で」討つよう命じられたオウスノミコは、「私に死ねと言うことか!」と嘆きながらも道中さまざまな困難を乗り越え、征服していきます。

知略を用いて難敵たちを倒したヤマトタケル。月岡芳年「月百姿 小碓皇子 賊巣乃月」

しかし勝利を重ねて慢心したのか、得物である「草薙剣(くさなぎのつるぎ。三種の神器の一つ)」を置いて丸腰で伊吹山(現:滋賀県と岐阜県の境)の神に挑もうとして祟られ、命を落としてしまいました。

「倭(やまと)は国のまほろば たたなづく青垣 山隠(ごも)れる 倭し麗(うるは)し」

【意訳】倭(=大和国。現:奈良県)は日本でもっとも素晴らしい。豊かな自然に囲まれ、本当に美しい

望郷の念に辞世を詠んで亡くなったヤマトタケルですが、その魂は一羽の白鳥となり、天高く飛び去ったのでした。

父に認めて欲しい一心で数々の困難を乗り越え、英雄的な活躍を果たしながら、ついに願いの叶わなかった悲劇の人生は、今も多くの人に愛されています。

そんなヤマトタケルの悲劇は、どんな失言によってもたらされたのでしょうか。

失言その1:実の兄を「ねぎし」ちゃったヤマトタケル

ある日のこと。幼いオウスは父・景行天皇と毎日朝夕の食卓を囲んでいましたが、双子の兄・オオウスノミコ(大碓王)は出て来ませんでした。それと言うのも、オオウスは父からだまし取った美人姉妹(※父には別の女性を献上)に夢中で、一日じゅういちゃついていたためです。

美人姉妹については見逃したものの、あまりにふしだらな生活を見かねた景行天皇は、気心が知れている双子のオウスに

「ねぎし教えさとせ(ねんごろに=よく言って聞かせなさい=ふしだらな生活を改めるように)」

と命じました。オウスは二つ返事で承るとさっそくオオウスの部屋に行き、ほどなく帰って来ました。

……しかし、5日経ってもオオウスは食卓にやって来ないので、訝しがった景行天皇はオウスに「ちゃんとオオウスをねぎし教えさとしたのか?」と確認します。

「はい、父上の仰る通り、私は兄上を『ねぎし』て差し上げましたよ?」

暴行に及んだオウス(イメージ)。

具体的に何をしたかと言えば、オウスはオオウスを『ねじり殺し』、手足を引きちぎって薦(こも)にくるみ、まとめて厠(かわや)に投げ捨てた……とのこと。

「ねぎし」という言葉には「ねんごろに、親しく、じっくり」などの意味に加え、「ねじきる、すりつぶす」などの意味もあり、オウスはそれを誤解した……そうですが、さすがに解りそうなものです。

現代なら「可愛がる」を「あいさつ代わりに脅してor痛めつけておく」みたいなものでしょうか。それにしても、素手で人間の手足を引きちぎるというのは、凄まじい怪力ですね。

実の兄を惨殺しておきながら、眉一つ動かさずに報告するオウス……恐怖を感じた景行天皇が、彼を疎んじたのも仕方ないかも知れません。

失言その2:「こんな海、ひとっとびだぜ」豪語して海神を怒らせる

さて、景行天皇から凶暴さを恐れられたオウスは、厄介払いとして西へ東へ遠征を命じられる中、九州地方のクマソタケル(熊襲建)兄弟を討ち果たした時、ヤマトタケルの名を授かります。(※当時は、自分を倒した相手に対するリスペクトとして、名前の一部を贈る習慣があったようです)

その後も中国地方のイズモタケル(出雲建)らを倒し、西国を平定した後は東国も平定するよう命じられたヤマトタケルは、快進撃を続けて走水(現:神奈川県横須賀市)までやって来ました。

走水から出航して江戸湾を渡り、房総半島から北上する計画ですが、又してもヤマトタケルの失言が発動します。

「こんな海、ひとっとびだぜ(意訳)」

この発言が海神(わだつみ)の逆鱗に触れてしまい、それまで穏やかに凪いでいた海が「越えられるものなら越えてみよ!」とばかりに荒れ狂いました。

暴言の代償として、入水する弟橘比売。

かくして一行の船は遭難。二進も三進もいかなくなってしまい、結局は海神の怒りを鎮めるため、ヤマトタケルの愛妾・オトタチバナヒメ(弟橘比売)が人身御供(ひとみごくう。生贄)となって事無きを得ます。

ヤマトタケルは彼女を亡くしたことを大層悔やみましたが、これで失言癖が治るようなタマではなかったようです。

失言その3:ラスボスに向かって「雑魚に用はねぇ」天罰てきめん

東国を平定した後、西へ戻って来る途中のヤマトタケルが、伊吹山に棲む荒ぶる神を倒しに向かうと、一頭の白い大猪(※『日本書紀』では大蛇)が出現しました。

それが本当は荒ぶる神そのものだったのですが、ヤマトタケルはこれを「神の使いであろう」と判断し、「雑魚に用はねぇ」と完全スルー。

古来、言葉は「言霊(ことたま、ことだま)」と言われるように呪力を持ち、発した言葉は自分にも相手にも大きな影響を及ぼすものです。

これを言挙げ(ことあげ)と言い、要するに「現代以上に言葉の重みが大きく、軽々に発しては(こと侮るなどしては)ならない」ということですが、「雑魚」呼ばわりされた挙句、スルーされてしまっては神様もメンツ丸つぶれ。

怒りに荒ぶる山の神(イメージ)

「このガキ……絶対に祟り殺す!」

荒ぶる神は雲を起こして大氷雨を降らせ、自分の手が見えぬほどの霧を立ち込めて散々に惑わした結果、ヤマトタケルはたちまち遭難。這々の体で逃げ帰ったヤマトタケルは、力尽きて命を落としてしまったのでした。

終わりに

以上、ヤマトタケルの悲劇を招いた失言ワースト3を紹介して来ましたが、もしかしたら、本人は至って無邪気だったのかも知れません。

そんな豪快さが彼の英雄的な魅力を引き出している一方で、それさえ言わなければ父に疎まれず、オトタチバナヒメを失わず、そして祟り殺されずに済んだのに……と思うと、やはり惜しまれますね。

※参考文献:
福永武彦『現代語訳 古事記』河出文庫、2003年8月
福永武彦『現代語訳 日本書紀』河出文庫、2005年10月
吉野裕子『山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰』講談社学術文庫、2008年8月