22日午前9時の予想天気図。

写真拡大

22日(金)は、梅雨前線の活動が活発化するため、南西諸島で大雨となる所があるでしょう。雷を伴う所もある見込みです。土砂災害や低地の浸水等に警戒してください。また、東北や関東を中心に雲の多い状態は続き、雨の降る所もある見込みです。その他の地域は、日中晴れる所が多いものの、雲が広がりやすく、夜は北海道や九州南部で雨の降る所がありそうです。

最高気温は、21日(木)より高い所が多く、低温が続いた東北や関東の寒さは緩みそうです。

梅雨前線は、24日(日)頃まで活動が活発な状態が続く見込みです。沖縄を中心に南西諸島は大雨が続きますので、最新の気象情報を確認するようにしてください。

(気象予報士・原田 貴智)