横浜FM、行政・社会支援団体への寄付を発表…延期の川崎戦で配布予定だったお菓子など

写真拡大

 横浜F・マリノスが21日、行政・社会支援団体へと寄付を行うことをクラブ公式サイトで発表した。

 新型コロナウイルスの影響で、明治安田生命Jリーグは中断を余儀なくされている。横浜FMは、クラブ公式サイトで以下のように発表を行った。

「横浜マリノス株式会社とオフィシャルパートナーである株式会社ツクイは、延期になった明治安田生命J1リーグ第4節・川崎フロンターレ戦(ツクイ創業50周年DAY)にて来場者へ配布を予定していたお菓子を有効利用できないか話し合い、下記の行政・社会支援団体を通じてこども食堂やフードバンクなどへ寄付を行う事になりましたのでお知らせいたします」

■寄付先
・大和市(神奈川県大和市)(児童クラブなどへの寄付となります)
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会(神奈川県横浜市中区)
・社会福祉法人 横須賀市社会福祉協議会(神奈川県横須賀市)
・公益社団法人フードバンクかながわ(神奈川県横浜市金沢区)
※寄付先へのお問い合わせはご遠慮ください。

■寄付品
オリジナルハイチュウ 27,000個