NTTデータは5月20日、データ整備・データ分析活用業務をトータルでサポートする新ブランド「Abler(エーブラー)」のサービスを開始したことを発表した。

Ablerのコンセプト データ管理高度化

Ablerは、データを「ためる、探す、見せる」といった従来の活用だけではなく、オントロジー/セマンティックなどの各種要素技術を組み合わせ、機械による人間と同程度のデータ解釈を可能とする「分かる」までをサポートするサービス。

これまで機械処理が難しかった折衝・履歴データといった自然文やSNS、音声といった非構造化データ等の積極的な活用が期待できるほか、データ整備の一部を自動化してデータ利用までの時間を大幅に短縮するという。

これらにより、データ利用のための準備時間を大幅に削減しつつ、大量のデータを瞬時に利活用することが可能になるということだ。

なお、同社がこれまで提供してきた「iCrawler」、「Customer Engagement Hub」、「iTreasure」等のソリューションは、「Abler」としてブランド統合して提供するとしている。

Abler全体像

同社は「Abler」という名称について、「Able(〜が可能である)」の語尾に「r」をつけることで「Abler(可能にするもの・こと)」になり、同ブランドを通してさまざまなデータ活用をNTTデータが可能にする・実現していくというメッセージを込めていると説明している。