『攻殻機動隊 SAC_2045』共同パートナーになろう! (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

写真拡大 (全2枚)

日本の優れたアニメやマンガ、ゲームのアートワークのデジタル所有権を販売し、世界にひとつだけのコレクションとして保有・売買することを可能にするサービス「Anique」のプロジェクトで、現在Netflixで配信されている『攻殻機動隊 SAC_2045』を取り扱うことが決定した。

Aniqueより『攻殻機動隊 SAC_2045』Netflix全世界独占配信を記念して、キャラクターデザインを担当したイリヤ・クブシノブによるアートワークを共同保有する特別企画を5月20日から実施されることが発表された。

Aniqueは「作品とファンとの間にある永遠のつながりを、特別な儀式をもって証明すること」をミッションにしているサービス。
今回のプロジェクトでは、『攻殻機動隊 SAC_2045』の全世界配信に伴い、デジタル上に存在する草薙素子のデジタルアートの存在を、世界中のファンの協力で証明することを目的としている。

『攻殻機動隊 SAC_2045』共同パートナーだけの特別体験として、自分の名前が ”パートナー” として刻まれ、パートナー名を記載したデジタル証明書を発行。
デジタル証明書は、草薙素子やタチコマ、公安9課といった絵が用意されており、パートナー権は1500円+税)。複数絵のパートナーになることも可能だ。

さらに、パートナーになる瞬間、66桁の唯一無二のID(ブロックチェーントランザクションID)を入手できる。
IDは公安9課のメンバーをアイコニックに表現した特別なフォントを用いて構成されており、すべての特別体験において使用される仕組みだ。

その他、世界に一枚だけの「ナンバー入り額装絵」や世界に一枚だけのアートTシャツ、世界にひとつの電脳外骨格(スマートフォンケース)など、様々な特典が用意されている。
特典はそれぞれ別途ご注文料金がかかるので、気になる特典の詳細をチェックし、自分だけの『攻殻機動隊』アイテムを手に入れよう。

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会