港南医科大学法医学教室教授・二宮早紀(名取裕子)と、夫で神奈川県警横浜東署の警部・二宮一馬(宅麻伸)の2人は、これまでに数々の事件を解決してきた名コンビだ。早紀は結婚30周年記念の狄深邵Ъ悪瓩魎覯茲垢襪、一馬は「勘弁してくれ」と繰り返すばかりだった。

そんな中、「日本の不動産王」といわれる大富豪・太賀龍蔵(中尾彬)の娘でスポーツジムチェーン社長・戸倉真知子(加茂美穂子)が、公園の林の中で刺殺体となって発見される。着衣のポケットには、早紀の天敵・県警キャリア管理官・宗方楓(阿川佐和子)の若いころの写真が載っている雑誌記事が見つかった。30年前の神奈川県警の機関紙の1ページだった。被害者は30年も前の警察機関紙の記事をなぜ所持していたのか?

殺された女性に胃にあるはずのタピオカがナタデココに

 

一方、真知子は死の直前、横浜市内を見下ろす高台にあるホテルの庭園で開かれた太賀と後妻レナ(ダレノガレ明美)との結婚披露パーティーに出席していた。その場で真知子が「SNS映えするから」と提案し、タピオカ・ミルクティーで乾杯したという。ところが、真知子の検視解剖を行ったところ、胃の中に残っているはずのタピオカが消え、かわりにナタデココが検出された。いったいどういうことなのか...!? その謎を解き明かすことができない早紀は、捜査会議で窮地に立たされる。

 

その上、医療雑誌の記者を名乗る謎の女・斉藤弥生(国生さゆり)までが、事件の真相を知ろうとつきまとってくる。その後、一馬らの捜査で、30年前に若い男が石段で転落死した未解決事件との関連が浮上するも、被害者の遺体はすでに骨になっており、早紀はここでも行き詰まってしまう。

 

30年前と言えば、真知子が着ていた着衣のポケットに入っていた記事の雑誌が発行された年だ。その記事に写真が載っていた宗方に事情を聴こうとすると、宗方は「先生はここへの出入りを禁止します。出て行ってください」とけんもほろろに追い返す。30年前の事件の真相は? タピオカはナタデココにどうやってすり替えられたのか?(よる9時放送)

寒山