「バキ」最凶死刑囚のその後を描く「REVENGE TOKYO」アニメ化 「大擂台賽編」PV&KVも公開

写真拡大 (全2枚)

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会

6月4日からNetflixで新編「大擂台賽(だいらいたいさい)編」が全話一挙配信される「バキ」で、原作漫画の新装版単行本に収録された「REVENGE TOKYO」のアニメ化が決定した。配信中の「最凶死刑囚編」に登場した、スペック、ドリアン、シコルスキー、ヘクター・ドイル、柳龍光の死刑囚5人のその後を描いた特別エピソードとなる。

また、「GRANRODEO」が歌うオープニング主題歌「情熱は覚えている」、藤田恵名によるエンディング主題歌「DEAD STROKE」を使用した「大擂台賽編」のプロモーションビデオも公開。100年に一度開催される中国武術トーナメント「大擂台賽」に、毒に侵されながらも挑む主人公・範馬刃牙(はんまばき)の激闘や、「地上最強の生物」と恐れられる範馬勇次郎と、中国武術の達人「海王」の頂点に君臨する郭海皇の決戦などが描かれている。また、マホメド・アライJr.が刃牙に挑戦状をたたきつける「神の子激突編」のハイライトも収録。さらには、非常ベルが「REVENGE TOKYO」の開幕を告げる不穏なシーンも見ることができる。

「大擂台賽編」のキービジュアルも発表された。「大擂台賽」に挑む刃牙、烈海王、ビスケット・オリバ、マホメド・アライJr.の4人に加え、にらみ合う勇次郎と郭海皇の姿が描かれたイラストとなっている。

「バキ」シリーズは、板垣恵介氏による格闘漫画「刃牙」シリーズ第2部「バキ」のアニメ化。2018年に、刃牙たち地下闘技場戦士が、各国の刑務所から脱獄した死刑囚5人と死闘を繰り広げる第1期「最凶死刑囚編」がNetflixで配信、後日テレビ放送された。第2期「大擂台賽」も、7月からの地上波放送が予定されている。