NATTY SWANKY、株主優待を拡充して、優待利回り 6.7%に! 2020年は「ダンダダン酒場」などで使える 「食事券」を年2回(6月・12月)、合計2万円分も贈呈へ

写真拡大

 株式会社NATTY SWANKY(ナッティースワンキー)が、株主優待を拡充することを2020年5月15日に発表した。

 NATTY SWANKYの株主優待は、従来だと「毎年6月末」時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、同社が運営する『肉汁餃子製作所ダンダダン酒場』の餃子1皿と引き換えられる『株主優待飲食券』(500円分)を6枚贈呈」というものだった。

 今回の発表によると、2020年は6月末と12月末の年2回、株主優待を実施するという(※それ以降も年2回、株主優待が実施されるかどうかは不明)。内容は、ともに「100株以上を保有する株主に『肉汁餃子製作所ダンダダン酒場』の『食事券』(1000円分)を10枚贈呈 」となっている。つまり、年間で2万円分の「食事券」がもらえることになり、大幅な拡充と言える。

 この拡充を実施する理由について、NATTY SWANKYは「昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり当社を取り巻く経営環境は今後も厳しい状況が想定されますが、多くの人々が不安を抱える今だからこそ、食を通してお客様に少しでも元気になってもらうことが、私たちができる社会への貢献だと思っております。 ぜひこの機会にダンダダン酒場をご利用いただき、私どもの事業に対するご理解をより一層深めていただけますと幸いです」としている。

 なお、NATTY SWANKYは4月6日に、すでに配布済みの「株主優待飲食券」の有効期限を延長することも発表している。
【※関連記事はこちら!】
⇒「ダンダダン酒場」のNATTY SWANKY(7674)、株主優待の「飲食券」の期限を延長! 新型コロナウイルスを考慮して、冷凍餃子などのテイクアウトも可能に

NATTY SWANKYの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 株主優待内容
6月末 100株以上 株主優待飲食券500円分×6枚
(変更後)
基準日 保有株式数 株主優待内容
2020年6月末
2020年12月末
100株以上 食事券1000円分×10枚(年2回)

NATTY SWANKYの株主優待利回りは?

 NATTY SWANKYの2020年5月20日時点の株価(終値)は2983円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更後は年2回、株主優待を受け取るものとする)。

【変更前】
(100株保有の場合)
 投資金額:100株×2983円=29万8300円
 優待品:株主優待飲食券3000円分
 株主優待利回り=3000円÷29万8300円×100=1.00% 

【変更後】
(100株保有の場合)
 投資金額:100株×2983円=29万8300円
 優待品:食事券2万円分
 株主優待利回り=2万円÷29万8300円×100=6.70% 

 NATTY SWANKYは2020年の株主優待を年2回(6月末と12月末)実施することになり、株主優待利回りは1.0%⇒6.7%に大幅にアップすることに。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食業界を取り巻く環境は厳しいが、今回の大幅な株主優待の拡充によって、投資を検討する人が増加することは必至だろう。実際、この拡充の発表当日(2020年5月15日)以降、NATTY SWANKYの株価は急騰しており、5月20日の終値は2983円で、4月3日の年初来安値1330円から2倍以上も上昇している。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待名人・桐谷さんが「コロナ・ショック」発生中に投資した“20銘柄”を大公開! 株価急落への対処法と1億円超の含み損を抱えても余裕な理由もマンガで解説

 NATTY SWANKYは首都圏を中心に、餃子を売りとした居酒屋「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」を展開する企業。2020年5月11日に発表した2020年6月期(通期)の第3四半期決算は、すべて前年同期比で売上高が27.6%増、営業利益が13.9%増、経常利益が26.2%増、四半期純利益が20.1%減。通期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、従来発表していた内容を撤回し、5月7日に「未定」と修正している。

■NATTY SWANKY
業種コード市場権利確定月
小売業7674東証マザーズ2020年6月末
2020年12月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
2983円100株29万8300円
【NATTY SWANKYの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年5月20日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。