凸版印刷とベルシステム24ホールディングスは5月20日、両社のシナジー効果をさらに加速させ最大化するために合弁契約を締結し、多様な企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援するBPO領域に特化したという新会社である「株式会社TBネクストコミュニケーションズ」を5月1日に設立したと発表した。

新会社のロゴ

両社は2017年11月に資本業務提携を行い、バックオフィス業務やコンタクトセンター業務などの領域で協業を進めるなど、BPO領域において両社の強みを生かしたアライアンスを推進してきた。

一方で、働き方改革や生産年齢人口の減少など人手不足が社会問題となっており、BPOを取り巻く市場環境は、従来の労働集約型BPOサービス(人手の労働力による業務比率が高いサービス)から知識集約型BPOサービス(知識・ノウハウを活かした業務やAI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)などの最新テクノロジーを生かした業務)への転換が求められているという。

今回の新会社の設立により、凸版の持つセキュリティインフラによる他社との差別化や、幅広いネットワークよるビジネス機会の拡大、業務設計力の利用に加え、ベルシステム24の30余年にわたるコンタクトセンター運営により培った知見が融合することで、これらの社会問題へ迅速に対応し、次世代BPOサービスの展開を実現していくとしている。

新会社は、ビジョンとして「価値創造オペレーションの追求」を掲げる。

時代の変化に柔軟に対応し、確かな設計力と先端のテクノロジーにより、常に最適化したオペレーションを追求するという。2022年度に150億円の売上を目指す。

社名は、両社の強みを融合させることを意味するという「TB」と、次世代BPOサービスの提供により実現するユーザー企業と生活者の新しい関係式を表すという「ネクストコミュニケーションズ」を組み合わせたという。

新会社の本店所在地は東京都文京区、代表取締役社長は坂田裕泰氏。

持ち株比率は、凸版が51%、ベルシステム24が49%。