Jリーグでも高い技術でファンを魅了するイニエスタ。妻・アンナさんが来日から2年が経ったことを報告した。写真:徳原隆元

写真拡大

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの妻アンナ・オルティスさんが5月19日に自身のインスタグラムを更新。2018年に大阪の観光地で撮られた夫婦の2ショット写真を公開し、来日から約2年が経ったことを報告した。

 アカデミー時代を含め22年間を過ごしたバルセロナに別れを告げ、イニエスタが神戸へ電撃移籍したのが2018年の5月。それからというもの、Jリーグでは全く衰えることのない高い技術で、試合に出るたび日本のファンの心を鷲掴みにしてきた。

 ファンを虜にしたのは試合だけではなく、SNSで妻アンナさんとともにお互いのアカウントで、日本でのプライベートを積極的に発信。家族との写真や夫婦でダンスを踊る動画など、微笑ましい投稿でも反響を集めていた。

 来日して約2年が経った19日、アンナさんが日本語で「日本に来てからすでにほとんど2年が経ちました」とハートの絵文字付きで発言し、1枚の写真を公開。生活の拠点を日本に移して間もない頃に撮られた写真には、大阪・ミナミの代表的な繁華街である道頓堀を訪れ、橋の上で肩を寄せ合い笑顔で映るふたりの姿が収められている。
 
 異国の地での新たな生活に心躍らせているのか、楽し気に視線を送る夫婦の写真に、日本のファンからも多くのコメントが寄せられている。
 
「もう2年なんですね!」
「日本に来てくれてありがとう」
「今でもまだ信じられません。日本を選んでくれてありがとうございます」
「ときが経つのは早いなー」
「できることならずっと居てほしい」
「日本にいてくれるだけで嬉しいです!」
 
 温厚な性格で、プレーだけではなくピッチ外でもファンに好かれているイニエスタ。コメント欄には、バルセロナ退団後、数ある移籍先の中から日本を選んでくれたことに対し、改めて感謝をする日本のファンの声が溢れている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】獲得タイトル数計37個!世界屈指のMFイニエスタを厳選ショットで振り返る!!