冷奴などにかけてもおいしい万能ソース

写真拡大

外出自粛などの影響で生活スタイルが変わりつつある昨今、平時に増して体調管理には気を付けたい。適度な運動はもちろんだが、日々の「おうちごはん」でも、体に優しい食事を心がけてみてはいかがだろうか。今回は、渋谷にあるオープンコミュニティカフェ&ダイニングREISM STANDが公開している「ゆる薬膳」を取り入れたヘルシーな料理のレシピを紹介する。

【写真】マイルドなカボチャのおいしさを生かしたチーズケーキ

REISM STANDでは、専門的で難しいというイメージを持たれがちな「薬膳」を、気軽に日々のごはんに取り入れてほしいという想いから、一般的な食材を使用した「ゆる薬膳」料理として提供している。同店のレシピを監修している薬膳インストラクター星宏美さんが教える「薬膳ポイント」とともにレシピをチェックしてみよう。

■特製ネギニラソース

「特製ネギニラソース」は、REISM STANDの定番メニュー「酸味の効いたネギニラソースが香る鶏の絶品唐揚げ」に使用している万能ソース。唐揚げとの相性はもちろん、焼肉や餃子のつけダレやしゃぶしゃぶのソースなど、さまざまな料理に合わせることができる。薬膳ポイントは、体を温め基礎代謝アップに効果を期待できる長ネギや、血液をサラサラにするといわれるニラをふんだんに使用していること。冷蔵で1週間ほど保存できる。

【材料 (500g)】

・ニラ 1/2束

・長ネギ 1本

・おろしニンニク 20g

・おろしショウガ 20g

・三温糖 40g

・酢 120g

・濃口醤油 120g

・ごま油 40g

・ラー油 10g

【作り方】

1. ニラは小口切り、長ネギはみじん切りにする。

2. ニラ、長ネギ以外の材料を鍋に入れ火にかける。

3. 2の鍋が沸騰したら1にかけて混ぜ合わせる。

■さっぱり鶏大根

「さっぱり鶏大根」は、REISM STANDで大人気のおばんざいメニュー。大根を薄く切ることで、短時間でも味が馴染むので、時間のない時にもおすすめ。ショウガを多めにピリッと効かせると、お酒との相性も抜群だ。免疫力アップの効果が見込める鶏肉や、消化を促す大根を使用しているのがポイント。鶏モモ肉を手羽元や手羽先にしたり、大根の葉を万能ネギに変えるなど、アレンジも多彩なので、冷蔵庫の食材に合わせて調理してみよう。

【材料 (2〜3人分)】

・大根 300g

・鶏モモ肉 300g

・ショウガ 30g

・水 150cc

・酒 30g

・醤油 25g

・三温糖 25g

・大根の葉(なくても可) 適量

【作り方】

1. 大根を7〜8mmのいちょう切りにする。

2. ショウガを極薄切りにする。

3. 水、酒、醤油、三温糖を合わせて混ぜておく。

4. 鶏肉を一口大に切り、強めの中火で焼き目をつける。

5. 4に大根とショウガ、3で作った合わせ調味料を加えて10〜15分煮込む。

6. お好みで大根の葉を散らす。

■チーズケーキ

同店で提供する「ビーツをたっぷり練り込んだ桃色チーズケーキ」をかぼちゃでアレンジ。腸内環境を整えるので、肌荒れの改善にも効果的なチーズや、血行を促進し、体を温める効果のあるカボチャを使用。

【材料(18cm型1ホール)】

・クリームチーズ(常温) 400g

・砂糖 180g

・卵(常温) 3個

・薄力粉 50g

・レモン汁 10g

・カボチャ(ペースト状) 180g

【作り方】

1. オーブンを170℃に予熱し、クリームチーズと砂糖を滑らかになるまでよく混ぜる。

2. 1に卵を1つずつ加え混ぜ、茹でてペースト状にしたカボチャを混ぜ合わせる。薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと粉っぽさが無くなるまで混ぜたら、最後にレモン汁を加え軽く混ぜる。

3. 好みの型(丸型やパウンド型、耐熱容器など)にクッキングシートを敷く。

4. 用意した型に生地を流し入れ、布巾の上で2〜3回型を落として空気を抜く。(生地をザルでこすと、より滑らかになる)

5. 予熱したオーブンで40〜45分焼く。(竹串を刺して確認し、中まで火が通ってない場合は、160℃くらいに温度を落として再度10〜20分焼く)

6. 型のままよく冷まし、型から外し冷蔵庫で一晩寝かせて味を落ち着かせる。

【アレンジポイント】

カボチャの代わりになる食材を紹介。

・ニンジン ペースト状にして加える。

・リンゴ 生のまま、角切りやスライス切りに。

・コーヒー 粉末状のインスタントを使用。

紹介した3品以外にも、REISM STANDで人気の「ゆる薬膳」レシピをInstagramアカウントREISM STAND(@reismstand)で紹介しているので、気になる人はチェックしてみよう!