KDDIは5月20日、NEC、ノキアソリューションズ&ネットワークス、富士通と協力し、5Gネットワークの高度化に向けて、顧客ニーズに沿った最適なネットワークを提供可能とするための要素技術の1つである基地局仮想化、O-RAN Alliance(Open Radio Access Network Allianceの略称で5Gをはじめとする次世代の無線アクセスネットワークを、オープンでインテリジェントにすることを目的に活動している業界団体。)準拠のマルチベンダー接続性に関する実証実験を2020年3月〜9月までの間、実施すると明らかにした。

実証実験のイメージ

これまで、専用のハードウェアとソフトウェアが一体となった基地局設備を用いており、あらかじめ周波数などのリソースの割合や設置場所を決めて運用を行っていたため、例えばあるエリアにおいてモバイルブロードバンド回線に多くのリソースを割り当てている中で「低遅延」サービスを展開したい場合、低遅延用のトラフィック処理が十分に行えないといった状況が生じるなど、ニーズに合わせたネットワークを柔軟に提供することが困難といった課題があったという。

このような課題に対して、一例として低遅延のような特定のサービスを利用したいユーザー向けにネットワークを分割し、リソースを配分する技術(ネットワークスライシング)の導入により、利用用途に合わせたサービスを提供することが可能になる。

ネットワークスライシングの導入を柔軟に行うため、基地局を汎用ハードウェアで構築し、その汎用ハードウェア上でさまざまなソフトウェアを動作させる仮想化技術への適用が必要となり、実証実験では基地局の仮想化に必要な要素技術の検証を実施する。

具体的には、5G基地局を構成する装置のうち、データ処理部であるCU(Central Unit:基地局において、主にデータ処理をおこなうノード)、無線信号処理部であるDU(Distributed Unit:基地局において、主に無線信号処理をおこなうノード)に仮想化技術を適用し、仮想化された基地局の実用性を検証する。

基地局仮想化検証のイメージ

また、従来は基地局を構成する装置同士を接続するための仕様はベンダーごとに異なり、複数ベンダーの装置を組み合わせて基地局を構成した場合、動作しないなどの問題が生じるため、一般的には同じベンダーの基地局装置同士が接続されていたという。

そのため、実証実験においてはO-RAN Allianceで規定されるオープンなインターフェースを活用し、DUと無線装置であるRU(Radio Unit:基地局において、送受信されるデジタル信号の無線周波数変換や電力の増幅を担うノード)間の基地局のフロントホール(基地局における、無線信号処理部と無線装置間のインターフェース)において、さまざまなベンダーの機器同士の相互接続の検証を行う。

マルチベンダー接続性検証のイメージ

KDDIは、本実証実験で培った技術を基に、将来的に導入を行う5Gのスタンドアローン構成(5G基地局に5G専用に開発したコアネットワーク設備を組み合わせるシステム)において、ネットワークの柔軟性を高め、通信ネットワーク全体でのネットワークスライシングへの対応を目指す。

これにより、例えば4K/8Kといった高精細映像の高速データ伝送や産業機械の遠隔操作、交通分野における自動運転など、さまざまな分野で「超高速」「多数同時接続」「低遅延」といった5Gの特徴を最大限に生かしたネットワークの提供が可能となるという。