GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)のデアリングタクト(牝3歳)は強かった。

 ある競馬関係者は、「最後の直線で、みんな(脚が)止まったのに、この馬だけ伸びてきた。能力はケタ違いでしたね」と、舌を巻いていた。

 2戦目のオープン特別・エルフィンS(2月8日/京都・芝1600m)においては、レース史上、ウオッカしか出したことがない1分33秒台の勝ち時計をマークして、4馬身差の圧勝劇を披露。重馬場の桜花賞では一転、底知れぬパワーを繰り出して、ライバルたちをねじ伏せた。

 まさに”晴れてよし、降ってよし”の無敵ぶりだ。


次元の違う末脚を見せて桜花賞を制したデアリングタクト

 デビュー以来、3戦3勝。無敗の桜花賞馬となったデアリングタクトは、いよいよ次はGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)に挑む。

 過去10年で、桜花賞とオークスの”春二冠”を制した牝馬は、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)、アーモンドアイ(2018年)と3頭いる。10分の3という確率は、ハードルとして高いものではあるが、極端に高いものでもない。

 桜花賞で「他の馬が止まって見える」ほど、力の違いを見せつけたデアリングタクトなら、さほどの難関にはならないのではないか。

 二冠達成へ、視界は良好である。

 しかしながら、不安がまったくないわけではない。関西の競馬専門紙記者が語る。

「桜花賞が、タフな競馬でしたからね。そこでがんばった分、ダメージが残っていないか、心配です。実際、関係者によれば、『レース直後はかなり疲れた様子だった』ということで、『体重が減ってしまって、両トモには張りが見られた』そうです」

 ただこの点に関しては、レース後すぐに放牧に出して、心身両面のリフレッシュを図ったことで、今では改善が見られるという。

 現に、放牧先から帰って来てからの調整は順調で、1週前の追い切りでは、6ハロン81秒5−1ハロン11秒9の時計を出して、元気なところをアピールした。

 おそらく桜花賞のダメージは、完全には抜け切っていないだろう。だが、この種の消耗は、この時期にクラシックを戦う馬であれば、多かれ少なかれあること。その意味では皆、横一線である。仮に当時の馬体重が多少減っていても、それだけで大幅に割り引く必要はない。

 問題はむしろ、オークスがこの馬にとって、”初モノづくし”のレースになる、ということだ。

 2400mの距離、左回り、さらには長距離輸送……。

「距離と左回りは、あまり気にする必要はないと思います。逆に、血統面からして、プラスのほうが大きいかもしれません」

 先述の専門紙トラックマンは、そう分析する。一方で、「輸送は心配です」と言う。

「デアリングタクトは、もともとテンションの高い馬で、栗東トレセンから最も近い京都競馬場への輸送でも、テンションが上がってしまうんです。事実、桜花賞でもイレ込んで、レース中には引っかかりそうになっていました。

 つまり、デアリングタクトにしてみれば、東京までの長距離輸送は、最大の不安材料と言えます。ある程度、テンションが上がるのは仕方がないとしても、それをレースに支障が出ないところまで、どうやって抑えるか。そこが、勝敗を左右するポイントになると思います。

 ここに来て、トライアルのスイートピーS(5月3日/東京・芝1800m)を快勝したデゼル(牝3歳)の評価が急浮上。最大のライバルと目されているようですが、デアリングタクトにとって、それ以上に重要視されるのは、自分との戦い。二冠達成のカギは、いかにして自分に勝つか、でしょう」

 実は、オークスは1番人気が強いレースだ。過去10年で1番人気は、5勝、2着2回、3着1回、着外2回という好成績を残している。とりわけ直近は、4年連続で1番人気が勝っている。

 強い馬が実力どおりに勝つ――それが、最近のオークスだ。

 ならば、今年のメンバーでそれにふさわしいのは、桜花賞を「ケタ違いの強さ」で勝ったデアリングタクト以外にはいない。

 たしかにテンションの高さは気になるところだが、デビュー以来、常にそうした素振りを見せながら、それでもレースでは強烈な走りを見せて、きちんと結果を出してきた。 今回もまた、デアリングタクトは”自分との戦い”に勝つだろう。二冠を遂げる確率は、100%とは言わないが、それに近い数字であることは間違いない。