2005年J1リーグ最終節の川崎戦でプレーする大黒。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

 新型コロナウイルスの影響でJリーグは依然として中断が続き、まだ再開の目途は立っていない。試合観戦ができず退屈しているファンのために、「DAZN」では「Re-Live」と称して過去の名勝負を放送中だ。現在配信中のガンバ大阪が初タイトルを獲得した2005年J1リーグ最終戦(G大阪vs川崎フロンターレ)で解説を務めた大黒将志に、劇的な初優勝を振り返ってもらった。

 この年のJリーグは、1996年以来となる1ステージ制が導入され、前年度に昇格してきた川崎と大宮アルディージャを加えた18チーム、全34節で争われた。同年のナビスコカップ決勝でジェフユナイテッド千葉に敗れたG大阪は、Jリーグ創設時の“オリジナル10”のなかで唯一タイトルを獲得していないチームとなってしまった。

 リーグ戦でも30節まで首位を走っていたものの、そこからまさかの3連敗。宿敵のセレッソ大阪に抜かれ、2位で最終節を迎えていた。首位から勝点2差に5チームがひしめくという史上稀に見る大混戦のなか、C大阪が後半アディショナルタイムに追いつかれてまさかのドロー。最後の最後に笑ったのが、川崎を4−2で破ったG大阪だった。
 
―――◆――◆―――

――川崎戦を迎えるにあたってのチーム状態は?

「ガンバはそれまで優勝した経験がなく、松波(正信)さん(現在はG大阪強化アカデミー部長)も最後の年でした。とにかく一致団結していましたし、チームの雰囲気も良かったですね。

 ただ、僕は膝を怪我して数試合を欠場していました。離脱した時にはまだ首位だったので、みんなが優勝決めてくれると思っていたんですが、なかなかそこから勝てなくて。最終節に出場することになりました。人生で初めて膝に痛み止め打ってやったのを覚えています。自分でゴールできなくても、みんなに取らせる、そんな気持ちで挑んだ試合でした」

――試合は2度のリードを追いつかれる苦しい展開でした。

「当時のガンバは2点取られても3点取って勝つというチームだった。無失点で終えた試合はほとんどありませんでした(18勝のうち、16節の大分戦と22節の東京V戦の2試合のみ)。こういう展開は少なくなかった」

――Jリーグの歴史のなかでも屈指の攻撃的なチームという印象でした。

「西野朗監督の下、みんなポテンシャルが高くてテクニックもあった。自分たちがどう攻めるかしか考えていなかった。もちろん守備の決まり事もありましたが。チームワークも良かった」
 
――当時のチームで特に印象的な選手は?

「みんな上手かったですが、ひとり挙げるならヤットさん(遠藤保仁)ですね。めちゃくちゃ上手かった。預けておけば何とかなる。ヤットさんだけでなく、二川孝弘や橋本英郎くんもゲームを作れたので、前線の選手は楽でしたね。(攻撃ユニットを組んだ)アラウージョとフェルナンジーニョはドリブルもパスもできたので、僕は余計なことをしないで、前にいて点を取ることに専念していた。役割分担ができていたと思います。

 実はアラウージョは最初、パスばかりしていた。『俺もシュートをファーストチョイスにしているから、お前も打っていいよ』と言ったら、シュートばかり打つようになって、しまいには得点王にまでなった。もう少しパスしろと言えばよかったかな(笑)。みんなで共有していたのが、まずシュートを打つこと。難しい場面では空いている人に預けて、誰かがシュートを打ったら誰かが詰める。そういう当たり前のことができていた」

――大黒選手のようにガンバのユース出身のメンバーも多かった。

「とてもいい関係でした。ガンバユースは、高校サッカーのようにキッチリとした上下関係があるわけではないんです。後輩のアキ(家長昭博)あたりもすんなり溶け込んでた。恒さん(宮本恒靖)や橋本くんはそんな怖い感じではないんで。ガンバユースの第1期生だった恒さんを筆頭に、ユースから突き上げができていた。先輩たちがトップチームで戦っているのを目の当たりにしていたので、ユース時代からモチベーションも高かったし、トップチームに上がってからも戦えたのだと思います」