横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督

写真拡大

 横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が海外メディアに対し、「Jリーグは疑いなくアジアで最高のリーグ」だと公言した。スポーツチャンネル『ESPN』が伝えている。

 就任当初から貫いてきた攻撃的なスタイルを武器に、昨季は横浜FMを15年ぶりのリーグ優勝に導いたポステコグルー監督。「私がここに来る前から、Jリーグはアジアで最高のリーグだった」と述べ、その理由を「リーグの充実度やリソース、それから全体のまとまり。これらがアジア・チャンピオンズリーグや代表チームでの成功に反映されている」とする。

 一方、記事では新型コロナウイルスへの対応にも言及。すでに韓国のKリーグやドイツのブンデスリーガがリーグを再開したものの、Jリーグはまだ再開への見通しが立っていない中、「彼らはとても慎重だ。再開するタイミングとしては、おそらく最も遅いグループに入ると思う」とも指摘している。