俳優の水嶋ヒロが19日、ブログを更新し、4歳長女から「パパって仮面ライダーなの?」と聞かれ「ついにこの日が来た…」と覚悟を決め、長女に打ち明けたことを明かした。

 「ついにこの日がきた」というタイトルで更新したブログは、長女から真剣な顔で「パパって仮面ライダーなの?」と聞かれたことを報告。長女は友人から「あなたのパパかめんらいだーなんでしょ?」と何度も聞かれていたといい「その度に困惑してたらしい」と長女に同情した。

 「これ以上困らせるのもかわいそうで…ついに打ち明ける時がきた」と覚悟を決め、ついに「そうだね…パパは昔仮面ライダーだったんだよ」と打ち明けたという。「いつものふざけた感じじゃないトーンで返すと、娘は本当だったんだ…って顔をしながらしばらく考え込んでた」という。

 このカミングアウト以降、長女が必ず連れて歩く人形枠に「新たな仲間が加わった」として、仮面ライダーカブトの人形が仲間入り。寝るときも隣に置いているといい「とにかくなんでも一緒。可愛いよね」とほほえましい光景を描写した。

 そんな長女になぜずっと持ち歩くのかを聞いたところ「だってパパがずっとまもってくれてるみたいであんしんしちゃうから」という、パパにとっては最高の返答が。「愛しすぎ」と水嶋も感激をつづっていた。

 水嶋は01年から02年にかけて放送された仮面ライダーカブトの天道総司を演じている。