ビジネスブレイン太田昭和(9658)、株主優待を拡充! 1株⇒2株の分割に伴う変更に加えて、分割後の1単元 でも優待がもらえるようになり、最低投資額が半額に

写真拡大

 株式会社ビジネスブレイン太田昭和が、「QUOカード」の株主優待の配布基準を変更することを、2020年5月15日に発表した。

 ビジネスブレイン太田昭和の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を1年以上保有する株主に『QUOカード』2000円分を贈呈」というものだった。

 今後も「QUOカード」が贈呈される点に変わりはないが、ビジネスブレイン太田昭和は2020年6月30日を基準日として1株⇒2株の株式分割を予定しており、これに伴って株主優待の配布基準が変更される。具体的には「100株以上200株未満を1年以上保有する株主に『QUOカード』1000円分を贈呈。200株以上を1年以上保有する株主に『QUOカード』2000円分を贈呈」となる。

 ビジネスブレイン太田昭和の株主優待の変更は、2021年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。
【※関連記事はこちら!】
⇒ビジネスブレイン太田昭和(9658)、増配を発表し、年間配当は9年で6.8倍、配当利回りも2%にアップ! 2020年3月期は“9期連続増配”で「1株あたり55円」に

ビジネスブレイン太田昭和の株主優待の変更前と変更後

(変更前)※1株⇒2株の分割前
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
3月末 100株以上 1年以上 QUOカード2000円分
(変更後)※1株⇒2株の分割後
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
3月末 100株以上 1年以上 QUOカード1000円分
200株以上 1年以上 QUOカード2000円分

ビジネスブレイン太田昭和の株主優待利回りは?

 ビジネスブレイン太田昭和の2020年5月18日時点の株価(終値)は2743円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

(分割前100株保有・分割後200株保有の場合)
投資金額:100株×2743円=27万4300円
優待品:QUOカード2000円分
優待利回り=2000円÷27万4300円×100=0.72%

(分割後100株保有の場合)
投資金額:100株×(2743円÷2株=1371.5円)=13万7150円
優待品:QUOカード1000円分
優待利回り=1000円÷13万7150円×100=0.72%

 ビジネスブレイン太田昭和の株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」。今回の配布基準の変更は「1株⇒2株」の株式分割に伴う調整であり、変更前後で株主優待利回りの変動はない。ただし、株式分割後は従来の2分の1の投資額でも株主優待の権利を得られて「QUOカード」がもらえるようになるため、保有を検討する価値はあるだろう。

 ビジネスブレイン太田昭和は、会計システムのコンサルティングおよびシステム開発を主軸とする会社。コンサル一体型SIモデルを推進。2020年3月期の連結業績は、売上高283億5100万円(前期比14.2%増)、営業利益21億3000万円(前期比23.7%増)、経常利益22億5600万円(前期比36.5%増)、当期純利益14億2700万円(前期比43.6%増)。2021年3月期(通期)の連結業績予想は、現時点で公表していない。

■ビジネスブレイン太田昭和
業種コード市場権利確定月
情報・通信業9658東証1部3月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
2743円100株27万4300円2.01%※実績値
【ビジネスブレイン太田昭和の最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年5月18日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。