自身のプレー集を投稿した森重。その映像に吉田が反応した。写真(森重):茂木あきら(サッカーダイジェストWeb編集部)/写真(吉田):Getty Images

写真拡大

 FC東京の森重真人が5月18日、自身のインスタグラムを更新。2019シーズンの自身のプレー映像を公開し、これに日本代表でともに戦った吉田麻也が反応するなど、反響を呼んでいる。 森重は6日前からインスタグラム上で、2019シーズンの自身のプレー映像をひと言コメントとともに公開。18日には「2019プレー集。今週も頑張りますか」と綴り、2本の昨季プレー映像を投稿した。 いずれも昨年5月にホームで行なわれた試合で、1本目は久保建英の決勝弾で勝利した磐田戦。映像は86分、自陣ゴール前に押し込まれたFC東京が左サイドからグラウンダーの際どいクロスを入れられる。しかし、これを森重が間一髪クリアすると、そのまま久保につながりカウンターを発動するという内容だ。 もう1本は2対0で勝利した札幌戦で、これも自陣に押し込まれたなか、森重はテクニシャンのルーカス・フェルナンデスとマッチアップ。間合いを測りつつ対峙すると、森重は相手のタッチがやや大きくなった隙を見逃さずに一気にボールを奪い取る。最後は奪い返そうとするL・フェルナンデスの行く手を身体を張って阻んでみせた。

 この森重の投稿に、絶賛の声を上げたのがブラジル・ワールドカップで共闘した日本代表キャプテンの吉田麻也だ。吉田は「繋ぐクリア、取りに行く守備、こういうの子供たちは学ぶべき」と返信。動画で見せた森重のディフェンスをお手本にすべきだとしている。このコメントに森重もサムズアップの絵文字で反応するやり取りを見せた。 また、投稿にはファン・フォロワーからも「最初のプレーとか簡単に見えて地味に難しいからなあ」「プレー集元気でます」「ナイスクリア」「今週も地道に在宅勤務、頑張ります」などとコメントが寄せられている。代表キャプテンも称賛する森重のハイパフォーマンスに、多くのファンが勇気づけられているようだ。構成●サッカーダイジェストWeb編集部