練習休止期間中も体づくりに余念の無かった道渕諒平。(C)VEGALTA SENDAI

写真拡大 (全3枚)

 ベガルタ仙台が5月18日に全体練習を再開した。前回全体練習を行なったのは4月3日だったが、翌日から県内で週末の外出自粛要請が出されたため、練習を休止。さらにその後、緊急事態宣言の範囲が全国に拡大されたため、約1か月半全体練習を行なえなかったが、先週14日に宮城県を含む39県で緊急事態宣言解除が発表されたこともあり、ようやく全体練習再開にこぎ着けた。

 今日の練習はメディア・サポーターともに非公開で、チームを3グループに分け、なるべく選手同士の接触を避ける形で行なわれた。
 
 練習後、ZOOMでのリモート会見に応じたのは木山隆之監督とMF道渕諒平。木山監督は「1か月半くらい全体で集まることができなかったのですが、今日みんなの顔を直に見られて、ごく簡単なトレーニングでしたが、チームとしてできて良かったです」と再開後初の練習を振り返った。

 1か月半の間、全体練習ができなかったのは大きい。

「かなり長い時間トレーニングができていなかったので、選手も自主練習で努力してくれましたが、家にいる時間も相当長くて、体力的にもだいぶダメージがあったと思います。しっかりトレーニングができる身体に戻していくことをまず念頭に置いて、その中に安全な方法で感染対策を進めていって、徐々にチームプレー、戦術のトレーニングに進めていけたら良いと思っています」と感染対策も万全にした上で、徐々にコンディションを戻し、本格的な練習メニューへ移行したいという。

 道渕は「みんなでトレーニングできて楽しかったですし、個人的にはコンディションもそこまで落ちていなかったので、ポジティブな初日でした」と振り返る。今後の練習については「コンディションは大幅に落ちていると思うので、まず怪我をしないことを第一に、上げていくことと、チームも開幕から2試合しかしていなくて戦術的な部分やコンビネーションの部分はまだまだ伸びしろがあります。そこをみんなと合わせてやっていきたいです」と意気込みを語った。

 1か月半もの間、全体練習が行なえなかったが、その間はどう過ごしていたのか。

 木山監督は徐々にサッカーから離れた生活になったという。

「最初の頃はここまで長くトレーニングできないとは思っていなかったので、再開したら何をやるか、どうチームづくりを進めるか考えたり、見られる限りの映像を見ていたのですが、だんだん、あまりにも長くなりすぎて見る映像も少なくなり、考えることも出尽くしました。

 最後の3週間くらいは朝ご飯を食べて、2日に1度外に走りに行って、またご飯を食べて、あとは家にいた子どもたちと遊んでという生活を続けていました」

 サッカー以外に挑戦したことを問われると「料理です。ローストビーフとトンカツ、ビーフカツをつくりました。プロフェッショナル仕事の流儀で料理人が家でつくれるメニューを紹介していて、つくってみたら意外と好評で楽しかったです。」と料理にも奮闘し楽しい時間を過ごしたようだ。
 
 一方、道渕は「今回の期間は身体を劇的に変えるチャンスと思っていて、試合も無いのでコンディションを気にせず、パワーやスピードで追い込めたので良い期間でした。身体の使い方や可動域を広げることを重点的にやっていました」と身体づくりに余念が無かった。

 Twitterでもハードな筋トレの様子を公開し、多くのサポーターや現役選手からも反響があった。

「実家(仙台市内)に帰って食事をしたり、海外サッカーの動画を見たり、無駄な時間を過ごさないよう何か成長できるようにしていました」と、その他にも有意義に時間を過ごすことに努めていたという。

 コロナ禍前から取り組んでいたというプログラミングについては「良い気分転換になります。やっているといつの間にか時間が経っていて、サッカー以外に没頭できるのが僕にとってプラスでずっと継続しています」と明治大農学部出身という理系男子らしい片鱗を見せた。