出会いの季節を彩る!アナタにぴったりの春らしいヘアカラーとは

写真拡大

個人の似合う色が診断できると評判のパーソナルカラー診断ですが、服やメイクだけではなく、ヘアカラーにも活用できるのでしょうか?

パーソナルカラー診断とは

最近話題のパーソナルカラー診断をご存知ですか?

人は生まれ持った肌や瞳、目や唇の色によってそれぞれ似合う色が異なります。

素の自分の美しさが一層際立つ色を、春夏秋冬に例えて診断することをパーソナルカラー診断といい、自分に似合うメイクやファッションを選ぶ際にたいへん役立ちます。

普段の肌色、日に焼けた時の反応、瞳の色合い、オリジナルの髪色、馴染む口紅の色、得意な色、自身の雰囲気や疲れた時に出るクマの状態などを参考に診断し、下記の4つに判定します。

スプリングタイプ

イエローベースの肌で、鮮やかな色の似合う温かみのある明るいイメージの人。

サマータイプ

ブルーベースの肌で、淡いパステルカラーの似合う、エレガントなイメージの人。

オータムタイプ

イエローベースの肌で、アースカラーの似合う、落ち着いたイメージの人。

ウィンタータイプ

ブルーベースの肌で、シャープな色が似合う、凛としたイメージの人。

数分で自己診断も可能なので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

パーソナルカラー別似合うヘアカラー

パーソナルカラー診断は、ヘアカラーを選ぶ時にもたいへん役立ちます。

なんとなくいつも同じ色にしているという人、たまには気分転換をしたいという人、本当に似合う色を探したいという人に、ぜひ役立てていただきたいです。

スプリングタイプ

イエロー系やゴールド系のもの。

ライトブラウンやナチュラルブラウンなど爽やかなイメージに。

サマータイプ

ローズ系やパープル系のもの。

スモーキーなブラウンで透明感もアップ。

オータムタイプ

ゴールド系やオレンジ系のもの。

マットなブラウンで洗練された印象に。

ウィンタータイプ

ローズ系やレッド系のもの。

ストロングなブラックやブラウンで華やかに。

同じイエローベースやブルーベースの肌でも、似合う色は異なります。

パーソナルカラー診断を活用しながら、アナタにぴったりの春らしいヘアカラーを見つけてみましょう!

ショートヘアに合う春のヘアカラー

色白で透き通った印象を与える人(ウィンタータイプ)は、ローズ系やピンク系、赤系カラーを取り入れると、おしゃれさがぐっとアップして春のヘアカラーとして最高な仕上がりに!

逆にクールでエレガントな印象を出したい場合は、グレーやアッシュのようなちょっとダークカラーもOK!

ミディアムやロングと違って、ダークなカラーを取り入れてクールすぎません。

もし髪の毛で重い印象が気になる方は、口紅で明るいカラーを取り入れると柔らかい印象を与えることができます。

ミディアムヘアに合う春のヘアカラー

ミディアムヘアに合う春のヘアカラーは、スプリングタイプにも良く合うマットブラウンなどの明るいカーキ系。

重たすぎず、かといって明るく過ぎない爽やかと清廉さを与えてくるヘアカラーです。

ビビット感の強いカラーだと、インパクトが強すぎて春っぽい温もり感じさせる印象から遠くなってしまいます。

アースカラーの洋服とも相性がよく、女性の柔らかい空気感を出すのに向いています。

美容院などでヘアカラーを選ぶときは、「トーン表を見せて欲しい」と言えば、その違いを説明してくれます。

カーキ系だけだと、美容師さんによっては明るすぎるカラーを選ぶことがあるので注意が必要です。

ロングヘアに合う春のヘアカラー

ロングヘアーで春らしいカラーにするなら、ホワイトグレーベージュやグラデーションカラーを取り入れるのがおすすめ!

ここでポイントなのが根元の暗さを残しておくこと。

これにより、立体感のある髪型になり、明るすぎず、重すぎずのバランスの良いヘアカラーが実現します。

ちょっと大人っぽい雰囲気を取り入れたいならアッシュもおすすめ!

ゴージャス感が増し、セレブ感も強くなりますよ。

毛束感を出したり、デジタルパーマも当ててクセ毛風アレンジをすれば、ロングでも重さは全く気になりません。

また、ロングでアッシュ、ブラック系を使っても、軽くパーマをかけることで、ナチュラルな仕上がりになりますよ。

春らしいロングヘアをつくるには、カラーはもちろん、パーマも重要みたいですね!

しかし、カラー+パーマは髪へのダメージが気になる…

という方が多いのではないでしょうか?

そんなロングヘアさんにおすすめの、ダメージが少ない「弱酸性デジタルパーマ」をご紹介します。

弱酸性デジタルパーマとは?

パーマとは、髪にカールやウェーブをつけたり、くせ毛や縮れ毛をストレートに矯正して維持したりするための施術です。

パーマをかけた方であればご存知のように、パーマには1剤と2剤があります。

1剤(還元剤)では、アルカリ成分を毛髪に塗布することで、髪表面のキューティクルを開き内部に浸透させていき、毛髪内部で結合する「シスチン」を切断させます。

2剤(酸化剤)では、切断されたシスチン結合を液剤で酸化させ、再び結合させることでロッドを巻いたりストレートに伸ばしたりして形状をつけます。

一般的なパーマ剤には、還元剤とアルカリ剤が多く含まれており、毛髪内部に浸透させるために放置時間が必要とされています。

アルカリ剤を髪に塗布して時間を置くことによって、髪に形状がつくという仕組み。

ヘアカラーを繰り返す度にヘアダメージを受ける人が増加していく中で、低刺激でヘアダメージの少ない弱酸性パーマが開発されました。

弱酸性+デジタルパーマのメリットを活かし、ヘアダメージを極限まで抑えるために誕生したのが弱酸性デジタルパーマ。

従来のデジタルパーマは、薬剤を塗布して髪を軟化させてからロッドを巻いたのち、高熱で温めて形状を作る工程から、施術時間がかかりヘアダメージが大きいことがデメリットでした。

弱酸性デジタルパーマは、キューティクルを人工的に開くことなく、還元剤を浸透させて形状記憶させるものです。

さらに液剤とロッドを巻く工程が同時にできることで、施術時間を大幅に短縮することが可能に。

また、低熱で温めるため、ヘアダメージを最小限に抑えることができるのです。

髪へのダメージはどれぐらい?

ダメージが少ないことが最大の魅力ともいえる弱酸性デジタルパーマ。

上記で解説したように、従来のパーマでは、液剤に含まれるアルカリ成分で髪表面のキューティクルを開き、内部へ浸透させることによって形状が作られる仕組みとなっていました。

つまり、人工的にキューティクルを開くことで、コルテックス→メデュラへと内部に液剤が浸透していき、髪に必要なタンパク質・養分・水分が流失することで必然的にダメージを招いていました。

弱酸性デジタルパーマがダメージレスと言われる理由は、

・アルカリ成分がない
・低温(40〜60℃程度)で温める
・薬剤の放置時間が短い

これらの要素が相まって、ヘアダメージがまったく0…というわけではないですが、極限まで抑えることができるのです。

弱酸性デジタルパーマがオススメな人

ダメージが少ないと言われる弱酸性デジタルパーマ。どんな髪と相性が良いのでしょうか?

太くて硬い髪

しっかりとしたカールに仕上がり、パーマが比較的長持ちするようです。

細くて軟毛

パーマがかかりにくい細くて軟毛の方にオススメしたいメニューです。ふんわりとしたウェーブに仕上がります。

ヘアダメージが気になる人

定期的なヘアカラーでダメージが気になる方にも、弱酸性デジタルパーマはぜひオススメしたいメニューです。

また、くせ毛や縮れ毛で縮毛矯正やエアストレートをかけている方、毛先に自然なカールをつけてイメチェンしたい人にはオススメです。