ゴムの跡を付けない!バナナクリップのいいところ

写真拡大

髪の毛を束ねると、スッキリして仕事がしやすく、スタイルも爽やかになりますが、ゴムの跡が付いてしまって困ったことはありませんか?

仕事終わりはスタイルチェンジしたい時間です。

ゴムの跡が付いていると、リラックスタイムの気分を下げてしまいますよね。

特に跡の付きやすいクセ毛の人の中には、一度スタイルを決めるとチェンジできない、という人もいます。

今回は、そんな人にオススメのバナナクリップの魅力をお伝えします。

バナナクリップとは

バナナクリップは、これひとつで髪の毛をまとめることができる、とても便利なアイテムです。

束ねた跡が付きにくいのはもちろん、様々なデザインがありオシャレでパーティーなどにも向いています。

また、ロングヘアーだけでなく、比較的短いミディアムヘアーでもまとめやすいのも魅力です。

毛束が多い・少ないに関しても、バナナクリップ自体の大きさが豊富にあります。

毛束が多いから留められない、毛束が少ないから落ちてきてしまう、なんていう心配はありません。

バナナクリップの使い方

では、使い方についてみていきましょう。

バナナクリップは、便利で簡単だからこそ、「まぁいいや」とそんなに使い方を気にしない人が多いです。

意外と正しい使い方は知られていなかったりします。

バナナクリップでキレイに、崩れにくいスタイルを作るコツは、少し高めの位置に下から留めることです。

年齢を気にして、ついつい下の方に留めてしまう人も多いですが、バナナクリップは後頭部を目安に留めます。

高めの位置とはいえ、ゴムのようにテール部分はあまりハネませんし、だいたい耳の後ろ辺りなので、幼く見えるほど高すぎる位置ではありません。

バナナクリップ自体の向きは、下から入れて、留めて引っ掛ける部分は上にきます。

飾り以外の見える面積が増えてしまうということで、この位置を逆にしてしまっている人も多いようです。

実は、遠目から見ると、曲げる金具の部分がシルバーかゴールドで違う色をしているので、その方が目立ってしまいます。

見映えを良くするためにも、是非この正しい使い方を実践してみてくださいね。

途中で束ね直すことからもおさらばできますよ。