日本ユニシスは18日、ブロックチェーンを活用した同社の電子チケット流通サービス「Kimaticke(キマチケ)」の提供開始を発表、年内の無償提供を行う。

(Kimaticke公式Webサイト)

Kimatickeは、改ざんの困難なブロックチェーンを活用した電子チケット流通サービスで、事業者がユーザーに対してデジタル権利証を発行し、紙を使わないイベント参加券や商品引換券を実現する基盤サービス。定期券、共通券、回数券など多様な券種を発行でき、スマホでQRコードを読み取るだけの簡単な操作に加え、メールやメッセージアプリを使ったチケットのプレゼント機能も搭載。友人や家族などにチケットの一部を譲渡することも可能だ。

システム概要(同社資料より)

2018年から実証実験を重ね、2019年に大阪市での観光周遊サービスの本運用を経ているKimatickeだが、日本ユニシスではコロナ影響下における年内の無償提供を発表。事業継続のための「先買いチケット」のファンへの提供による資金調達、買占めや在庫不足を防ぐための「商品引換券」、自粛後のクーポンや地域商品券など「プレミアム商品券」の販売とコロナ影響下やコロナ後における活用モデルを提示している。

利用モデル(同社資料より)