歴代最多タイGI7勝目!現役最強馬アーモンドアイの勝利を予想・的中するも、買い方下手過ぎで持続化給付金ゲットならずの巻。

写真拡大

喜びも束の間、やはり才能がない!

毎週月曜日の誰が読んでるんだかよくわからない競馬記事の時間です。今週末は若干立て込んでおり、お楽しみの競馬もたしなむ程度となりました。土曜日の夜からサッカー・ブンデスリーガが再開、土日に渡ってYouTubeプレミア放送での2017年フィギュアスケート世界選手権などがあったため、「観戦飢え」が若干癒されていたかもしれません。日曜日のGI・ヴィクトリアマイル1本のみという健全な遊びとなりました。

このレースは牝馬限定で行なう芝1600メートルの短距離戦。そこに圧倒的1番人気として登場したのがGI6勝の現役最強馬・アーモンドアイでした。このレースを買うにあたり、全馬券師が通過する判断というのが「アーモンドアイから買うか、どうか」ということです。力量・実績なら断トツであり、ましてやこのレースには牝馬しか出てきません。よほどのことがなければ負けはしません。3着までに入れば払い戻しがある複勝ならば必中と言ってもいいでしょう。

しかし、必中なら簡単というわけではありません。

先週も別のレースで「レシステンシアの複勝なら必中」とか言いつつ、結局僕は「もっと金が欲しい」という欲に負けて、ヘンにひねった馬券を買ってしまい、複勝1.8倍の銀行馬券を逃しました。必中だとわかっていたのに。複勝1.8倍なら十分美味しいのに。100万円買えば80万円儲かる商材を逃したのです。メルカリの転売勢なら絶対に逃さないヤツです。

↓わかっていて当たっている買い目に限って買わないバカ!

勝てる馬券の買い方【電子書籍】[ じゃい(インスタントジョンソン) ]



その1.8倍ですら「もっと金が欲しい」で逃したのに、それが今週の場合アーモンドアイの複勝は最終オッズ1.1倍です。100万円買って当たっても儲けは10万円です。1着になるかどうかという単勝でも1.4倍。100万円買って40万円、1000円購入なら400円です。1000円のリスクを負って400円は何だかワリが合わない気がしますね。もっとお金が欲しいですよね。持続化給付金ならノーリスクで10万円もらえるのに、100万円のリスク背負ってやることじゃないですよね。

「アーモンドアイの複勝は無理…」

こうして必中馬券を買うのは止めてしまいました。誰もがわかる必中馬券は、結局みんなで買うのでオイシクなくなり、貧しい者ほどもっと危険でもっとワリのいい買い目に手を出していく…これが「みんなが払ったお金をみんなで分け合うゲーム」というヤツの恐ろしさです。みんながわかっていることでは儲からないようにできている。こうして人間は「どうなるかわからない2着・3着を当てるゲーム」に巻き込まれていくのです。

ただ、先週とは違います。先週はずっと競馬をやりながらメインレースを迎えたため、すでに負けが込んでいました。その負けを取り返すために欲をかいて外したのです。しかし、今週はメインレースが最初のレースですから、まだ負けておりません。こうなるとグッと思考も冷静になってまいります。ちょっとだけ勝てばいいのですから、ワリが悪い馬券でもいいのです!(※まぁ、ならばなおのことアーモンドアイの単勝でも買えという話なのだけれども)

絞り込みました馬は5頭。まず本命◎は熟慮の末にアーモンドアイとしました。昨年末の有馬記念で9着惨敗を喫し、2020年は海外遠征のためドバイまで行ったもののコロナ禍で引き返してくるハメになるなど順調な中間ではありませんでしたが、史上最強クラスの現役最強馬が牝馬限定戦に出ているのです。◎以外は打てません。人間が考えるべきはどうやって儲かる馬券の買い方をするかだけです。

対抗の○は昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーとしました。○と思ってそうしているのではないのですが、この馬は僕の愛馬と同じクラブの馬。バヌーシー仲間です。「絶対1600で切れる脚はない」「海外遠征から引き返してきて中間よくない」「逃げでもしないとどうにもならなそう」と思いつつも邪険にはできませんでした。応援の○です。

単穴▲には重賞3連勝で駒を進めてきたサウンドキアラとしました。前走の阪神牝馬ステークス(芝1600メートル戦)では、前めの位置取りから、出走馬中2番目タイムとなる上がり33.7でラスト突き抜け、1分32秒9の好タイムで勝つという非常に強い内容でした。大外8枠18番というのは気になりますが、同じレースに出ていたメンバーにはまず負けないでしょう。気分としては○の気持ちです。

アーモンドアイが1着にいて、サウンドキアラが阪神牝馬ステークス組より前にいるという状態から、もしもそこに割って入る馬がいるとすればということで別路線組から前々走でGIII東京新聞杯を勝ったプリモシーン、昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬のノームコアを穴△として、都合5頭での買い目。

◎アーモンドアイ
○ラヴズオンリーユー
▲サウンドキアラ
△ノームコア
△プリモシーン

◎アーモンドアイから各馬への馬連(1着・2着を当てる)を300円ずつ、そして○から下の各馬へ100円ずつ流して合計1500円。上位人気馬ばかりで渋いオッズの買い目ですが、遊びとしてはこんなもんだろうとポポポーンと買ってレースを待ちます。で、欲にまみれていないので予想も冴えており…

↓よし!◎▲△で的中!展開も含めてほぼ予想通りで直線半ばで的中確信のレースでした!

↓馬連12-18は最終オッズ7.5倍!300円×7.5倍で2250円いただきました!

ありがとうございます!


直線半ば、サウンドキアラが先頭に立とうというところを騎手が手綱を持ったままのアーモンドアイがジョギングでかわしていった場面。ほかの馬は必死にムチで追っているのに、ただ1頭だけ鼻歌混じりで突き抜けていくその姿。残り100メートルのあたりでは騎乗するルメール騎手が後ろを振り向いて、もう追わなくていいんだよなという確認をするほどの大圧勝でした。まさに次元が違う走り。

よく妄想でやっている「タイムスリップして過去に戻ったらどうする?」シミュレーションにおいて、初手は「結果を覚えている競馬のレースで現金を増やす」にしているのですが、このレースなどはその候補です。競馬のレースはほんのちょっとしたアヤで結果が変わることもよくあるのですが、このレースに限っては10回やってもアーモンドアイの1着は変わらないでしょう。それぐらい能力が違いました。

はい、そこで「喜びも束の間、才能がない」に戻るわけですが、先ほどの当たり馬券、よくよく計算してみてください。全部で1500円買って2250円の払い戻しを受けておりますね。しかし、この大圧勝のアーモンドアイの単勝1.4倍に全額いっていれば1500円×1.4倍=2100円ということでほとんど変わらないのです。つまり、2着以下を外したら台無しというリスクを背負いながら150円しかお金は増えていないのです。

2着馬と3着馬が入れ替わっていれば配当はあと1000円くらい増えていたので、それはそれでチャンスだったかもしれませんが、1着固定で残り4頭にまで絞っていて、そのなかに3着まで全部入る予想をしていたのですから、1〜3着馬を全部当てる3連複を買っていれば6点で2960円の配当を取れていました。200円ずつ買っていたとすれば6000円近い払い戻しです。というか、印通りに並んでいるのですから夢の3連単だって買っていれば当たっていました。1着◎固定、2着に○▲を置くフォーメーション6点購入で7340円の配当も取れていました。200円ずつ買っていたとすれば15000円近い払い戻しです。持続化給付金の振込より先に万単位でいただくチャンスがあったのに!

「やはり才能がない……」

気持ちよく当たったはずのレースが、よくよく考えたら才能のなさがあふれ出すポンコツのように見えてきました。より堅実に取れたはずの単勝馬券を買うでもなく、よく見れば美味しい▲△のワイド馬券1530円を買うでもなく、珍しく大きく勝てたかもしれない3連複・3連単も買わず、無駄に「2着・3着が入れ替わっても当たってるな」などと思いながら直線で余裕かましていたのですから。自分の行動と結果を「金」で突きつけられる競馬というのは、本当に心身が削られます。当たっても外れても落ち度ばかりが浮上してきて、へこむのですから。

それでも、楽しむことはできました。

まぁ、それでヨシとしないといけません。


これでアーモンドアイは国内海外合わせてGI7勝目。歴代最多タイとなりました。あとひとつ勝てば日本競馬史上最多となるGI8勝目。国内GIだけに限ってもあと2つ勝てば史上最多となります。今年のレースのなかで史上最多に挑み、達成することになるでしょう。そういう歴史の一部に参加し、なおかつお金までもらってしまった。下手には下手なりに満足があります。今週も才能のなさを噛み締めるばかりですが、たまには当たるところも報告できてよかったです!

↓GI8勝目を決めるレースでは単勝ももうちょっとつくでしょう!

「単勝2.0倍なら絶対買う…」
「単勝2.0倍なら絶対買う…」

来週は初心に帰って社会貢献!お金をお国に納める才能はそこそこあります!